フランス観光開発機構(アトゥー・フランス Atout France)

フランス観光開発機構(アトゥー・フランス Atout France) tokyo jp

フランスにとって観光は主軸となる産業であると言えよう。2012年に観光産業がGNPの7.33%を占め、2013年には世界各国から8470万人がフランスを訪れ、427億ユーロの観光収入を得ている。

観光産業の発展の促進を目的に2009年に設立されたフランス観光開発機構は様々な媒体を通じ、観光の振興に寄与し続けている。

 

市場の観測および分析

フランス観光開発機構は世界各地において継続的に市場の観測をおこない、綿密な分析を重ねている。

その結果、フランス観光開発機構は各マーケットの需要と供給を熟知しており、幅広いビジョンを持ってフランスの観光促進に有用な戦略を構築することが可能である。

 

フランスの観光産業を支援し、商品化を促進

フランス観光開発機構は観光政策に精通した専門機関として、観光関連企業の競争力の向上やフランスの各デスティネーションの魅力を強化するノウハウを提供している。地方観光局、県観光局、市観光局および800以上の観光企業など合わせて1200近くもの自治体や企業がフランス観光開発機構の会員となっており、マーケティング戦略の立案やフランス内外におけるプロモーションのサポートを受けている。一般コンシューマーおよびプレス、旅行業者に向けたオペレーションが、フランス観光開発機構の支援により世界各地で年間2000件以上実施されている。

 

観光資源の最適化

フランス観光開発機構は、観光資源のクオリティを高める特別な任務を担う。宿泊施設のランク付けや旅行業者の登録、ワインツーリズムにおける「ワイン産地と発見」に代表される認定制度と標記の管理及びプロモーションなどが該当する。

 

地域や国レベル、あるいは国際的なレベルでの業務展開

フランス観光開発機構は会員となっているパートナー企業や自治体のオペレーションの企画開発から商品化まで一貫して関わり、ターゲットとなる海外マーケットやクライエントに関する理解と知識を継続的に深めている。世界32ヶ国34ヶ所に拠点を有し、250名以上ものスタッフを擁する国際的に展開する類例のない機関であるからこそ実現できる業務である。

 

詳細は次のサイトを参照のこと。

www.atout-france.fr