南仏プロヴァンス地方のクリスマス - 聖バルバラの日からのろうそく祝別の日まで

南仏プロヴァンス地方のクリスマス - 聖バルバラの日からのろうそく祝別の日まで marseille fr

プロヴァンス地方では伝統的に、ノエルの季節が12月4日の聖バルバラの日から2月2日のろうそく祝別の日まで、40日間続きます。 

街や村々は賛美歌やキリスト生誕群像に扮する人々、パルトラルで活気づきます。パルトラルとは、キリスト生誕を村人が演じる寸劇で、出演者たちはプロヴァンス語で聖俗を織り交ぜながら、笑いと感動を込めてキリストの生誕を語ります。深夜ミサでは、羊飼いや農民が生まれたばかりの子羊を捧げるパストラージの儀式が行われ、大変感動的。村人たちはフルートと太鼓をもってリボンで飾られた子羊に付き添います。

12月24日に「グロ・スペ」と呼ばれる質素ながらもたっぷりとした食事をとる喜びを各自が分かち合います。このディナーは、キリストと12人の使徒を意味するトレーズ・デセール(13種類のデザート)で締めくくられますが、このデザートはプロヴァンス独特のものです。  

 

ろうそく祝別の日

この日はクレーシュ(キリスト生誕の場面を再現した模型)を解体し、聖母の清めと「新しい火」を祝います。プロヴァンス地方では、クリスマスは今でも大切なお祭りです。  

 

聖バルバラ

聖バルバラはは鉱夫や火を扱う職業の人々の守護聖人であり、12月4日が記念日です。この日は、カップの受け皿をいくつか用意し、新鮮なコケの上に少量の水にひたした麦の種とレンズ豆をまきます。 種子は未来の収穫を表し、12月25日にこの種が芽を出していれば、その年は豊作になり、もし種が腐っていれば不作を覚悟しなければなりません。

クリスマスのテーブルには最も美しい受け皿だけが置かれ、他の皿はクレーシュの岩壁や茂みの間に並べられます。 

 

聖ルチア

聖ルチアの日は12月13日。12月21日の冬至前の最初の冬の訪れを祝います。キリスト教以前の古い信仰によって神聖化されたヤドリギとヒイラギを摘み取り、冬の到来が告げられます。聖ルチアの日、窓ぎわにろうそくの灯りをともすのは、冬の悪霊を祓いのけるためと言われています。  


クリスマスイブ

クリスマスイブは半宗教的・半魔術的な儀式を行うことから始まります。一家の長老が火のついたろうそくの中から1本選び、家族に披露します。もし炎が重たく稔った穂のように傾けばその年は豊作、炎がまっすぐのままであれば不作です。
カチョ・フィオは「クリスマスの薪(ブッシュ・ド・ノエル)」に火をつける儀式のことです。 食事のテーブルにつく前に、一家の長老と年少の者が暖炉の前に薪をもっていきます。それから薪を炉にくべて火をつける前に、ヴァン・キュイ(vin cuit:甘い食前酒の一種)を根もとに三度続けてふりかけます。 そのときに「Alegre ! Diou nous alegre Cacho fio ven, tout ben ven ; Diou nous fague la graci de veire l’an que ven, Si sian pas mai que siguen pas men」と唱えます。「喜ぼう!神様が私たちがカチョ・フィオを祝う喜びを与えてくださる。すべてが順調だ。神様が来年を迎えるための祝福をしてくださる。自分たちがこれ以上のものでないならば、これ以下にはならないようにしよう。」という意味です。 

 

パストラージ

深夜ミサで子羊を披露する場面は儀式の一部となっています。毛織物の長いガウンをまとった羊飼いたちは大きなろうそくを手にし、そのうちの一人が乳のみ子羊を抱いて、笛と長太鼓の列に先導されながら、ゆっくりと中央祭壇へと進みます。祭壇の前にくると、子羊は司祭の腕へと渡されます。羊飼いが、自分と仲間がこの礼拝にくるまでに超えなければならなかった丘や谷を旅した物語を語ります。
他にも捧げものが奉納される場合もあります。よく実った果物、野菜、魚、フーガス(パンの一種)など、村々やその地方によって、それぞれが自分たちの最高の特産品を捧げにくるのです。これらの人々は、自分の職業を表す衣装を着ています。それゆえに、この行列は雑多で不統一なものですが、多大な熱意を帯びながら民俗集団に付き添われて祭壇へと進むのです。 

 

パストラル

パルトラルとは家畜小屋への行進と幼子イエスへの敬虔な信仰を表す儀式。聖ヨセフがベツレヘムのあたりで宿をさがして家々を回り、とうとう洞穴を教えられて家族で風雨をしのぐのです。 中世の演劇では、正真正銘の聖史劇であるパストラルがミサの儀式の一部として教会内で演じられていました。その後、この儀式は神の家の外に押し出されました。最も有名なパルトラルとしてモレル(1844年)とベロの作品が挙げられます。

 






見どころ

見どころ