聖バレンタインデーの由来、ルペルカリア祭

聖バレンタインデーの由来、ルペルカリア祭

2月14日。現代ではチョコレートと恋人たちのお祭りである、バレンタインデー。その起源は古代にまでさかのぼれるようです。

古代ローマの豊穣祈願祭は元祖合コン?!

バレンタインデーの由来は、古代ローマの多神教の儀式、豊穣祭ルペルカリアと言われています。これは豊穣と多産祈願を目的として毎年2月15日に開かれたお祭りで、若い男性と女性が唯一知り合える機会でした。

このルペルカリア祭では、壺の中に娘たちが自分の名前を書いた札を入れ、祭りの当日、男たちが壺から札を一枚選んで、祭りのパートナーを決める習わしでした。

貴重な出会いの場であるお祭りで、たいていは恋が芽生えるということでした。

ルペルカリア祭の廃止

しかしながら5世紀に入ると、若者の風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス1世によってこのルペルカリア祭は禁止されなくなってしまいます。代わりに、キリスト教司祭聖バレンタインを称えたお祝いを始めたのが現在のバレンタインデーの始まりといわれています。聖バレンタインは2月14日に、当時禁止されていた兵士の婚約を取り持ったために殉職したと言われています。