アキテーヌ - クリスマスのスイーツ

アキテーヌ - クリスマスのスイーツ アキテーヌ fr


アキテーヌ地方独特のクリスマス菓子、ギネット


12月に入ると、6月に収穫したさくらんぼをブランデーにつけて保存していたものを使ってつくるのが、ギネットです。アキテーヌ地方にはこの古くからの習慣を守り続けている家庭があります。
それぞれのさくらんぼはフォンダンの中につけられ、その後、弱火にかけて溶かしたチョコレートに浸して細い麺のようなチョコレートが表面にまぶされます。かつては地下室に冷蔵保存されていましたが、今は2週間ほど冷蔵庫で保存されます。この2週間のあいだにフォンダンがアルコールに変わり、クリスマスの時期にちょうど美味しくなるのです。    


 


昔ながらのデザート モンブラン


自分で拾ってきた栗を使ってもさらに美味しく作ることができる昔からのレシピです。事前に栗の皮はむいておきましょう。1リットルの牛乳に栗とバニラビーンズ1鞘と150gの砂糖を入れて40分間火にかけましょう。次にこの栗を野菜刻み器にかけて細い麺のような形状にします。お皿の上にドーム状か冠のような形になるように盛り付けましょう。ボウルに(脂肪分の少ない)クリームをバニラ風味の砂糖とともに泡立て、先ほどの栗にホイップクリームを添えます。 



象徴的なお菓子 栗とウイスキーのエトワール・ド・ノエル


250gのチョコレートを湯煎にかけて溶かします。火からおろして125gのバターを加え、これを400gのバニラ風味のマロンクリームの中にいれ、5clのウイスキーとともにボウルの中で泡立てます。星型の型の内側にラップを張りつけ、泡立てたクリームを流し入れ、表面が平らになるように整え、3時間冷凍庫に入れておきます。食べる直前にほろ苦いココアパウダーをざらめの上にふりかければでき上がりです。 


 


オリジナルスイーツ


アリエージュ県では、各地の特性ごとに異なる、チョコレートのサントン人形(チーズで有名な町、ベトマールの住民や、アリエージュ県の一角、クズラン出身の住民などのサントンチョコレート)をつくります。 


 

見どころ

見どころ