オンフルール

  • © ATOUT FRANCE/CRT Normandie/Eric Bénard

  • © ATOUT FRANCE/CDT Calvados/CDT Calvados

オンフルール honfleur fr

街の中心は旧ドック周辺。港には船やヨットが係留され、港町特有のひなびた雰囲気が漂う。オンフルールは木組みの家が建ち並ぶ古い街で、木造のサント・カトリーヌ教会など独特の建築も多い。
ウジェーヌ・ブーダン美術館ではブーダンの作品のほか、ノルマンディの民族衣装などを見ることができる。近代的な造形美を見せるノルマンディ橋はセーヌ川の対岸にあるル・アーブルに続く。    


アクセス鉄道:パリのサン・ラザール駅からリジュー(LISIEUX)駅まで1時間40分、リジュー駅からバスで約40分~1時間

観光局:オンフルール観光局 

 

 

主なみどころ

サント・カトリーヌ教会 EGLISE STE CATHERINE

 鐘楼とともに町のシンボルになっている教会で、百年戦争で壊された教会の跡地に建てられた。町の人々は、経済的な問題から石ではなく木材で建てることにし、船大工たちが造船の知識や技術をもって、フランスで最大の木造の教会を建てたのである。教会の別棟には15世紀末につくられた木造の鐘楼があり、塔の下には昔、鐘つきが住んでいたといわれる。現在は美術館として公開されている。     

 サイト:http://en.ot-honfleur.fr/sainte-catherine/

 

旧ドッグ VIEUX BASSIN

17世紀に、ルイ14世のもとで権威をふるった財務長官コルベールの命により作られた旧港には今日でも漁船やヨットの真っ白な帆が林立している。西側はサント・カトリーヌ河岸Quai Ste-Catherine、東側はサン・テティエンヌ河岸Quai St-Etienneと呼ばれている。色とりどりの家々が建ち並び趣のある界隈だ。レストランやカフェテラスが軒を連ねている。近くには総督の官舎だった総督邸、オンフルールで最も古く現在は海洋博物館になっているサン・テティエンヌEglise Saint-Etienne教会、17世紀以降に塩の貯蔵所、税務署として使われていた塩倉庫Greniers a Sel などがある。

 

サン・レオナール教会 EGLISE SAINT-LEONARD

15世紀末から16世紀にかけて建造された教会。炎のような曲線を描くフランボワイヤン様式の正面扉のほか、17世紀に加えられた横手の扉、18世紀に造られた八角形の塔や大時計の文字盤などが歴史を感じさせる。ブーダン美術館から旧港周辺を通り、このあたりまでオンフルール独特の雰囲気に包まれながらプロムナードを楽しんでみては。

サイト: http://en.ot-honfleur.fr/saint-leonard/

 

ノルマンディー橋 PONT DE NORMANDIE

1995年1月、オンフルールと対岸のル・アーヴルを結ぶノルマンディー橋が開通した。これにより、それまで45分かかる遠回りを強いられていたオンフルールとル・アーヴルが15分で渡れるようになった。橋の長さはパリの凱旋門からコンコルド広場までの距離に相当する2121メートル。支柱から支柱までの長さが856メートルもあり、斜張橋としては世界最長を記録している。構想に16年、建設に6年かけ、風速300キロの風圧にも耐えられるように設計されている。しかし、この橋の素晴らしさはそうしたハイテクだけではなく建築学的にもデザイン的にもすぐれ、青と白、グレーといった色調でまとめることにより周囲との調和を考慮環境との調和を考慮したデザインも高く評価されている。常にライトアップされている。

サイト: www.pontsnormandietancarville.fr/

 

サティの家 LES MAISONS DE SATIE

1866年にオンフルールで生まれた作曲家サティーの生家が1998年より「サティーの家」として一般公開されている。作曲だけではなく、作家、画家としても幅広く活躍したこの才人は、ピカソ、コクトー、ラヴェル、ドビュッシー、ストラヴィンスキーなど同時代の錚々たる芸術家たちと交流し、影響を与えた。サティーの生涯とその創作活動が分かりやすく展示されている。

サイト:http://en.ot-honfleur.fr/maisons-satiewww.musees-honfleur.fr

 

ウジェーヌ・ブーダン博物館 MUSEE EUGENE BOUDIN

 エリック・サティ広場に建つ現代的な建物。オンフルールで生まれ、印象派のなかでも特にオンフルール派と呼ばれる一派を代表するウジェーヌ・ブーダンの作品60点をはじめ、ノルマンディーに滞在した画家クルベ、モネ、デュフィーなどの作品を紹介する。館内は16-18世紀の絵画、サン・シモン派などの絵画、オンフルール関連の現代絵画、ノルマンディーの民族衣装や家具・銀版画、宗教画などのコーナーにわかれている。

サイト:http://en.ot-honfleur.fr/eugene-boudin-museum/

見どころ