エヴィアン

  • © ATOUT FRANCE/R-Cast

エヴィアン エビアン fr

アルプスの氷河を源泉とするミネラル・ウォーターで世界的に有名な町は、レマン湖畔の高級温泉リゾート地としても知られる。

エヴィアンの温泉リゾート地としての歴史はローマ時代にまでさかのぼるが、温泉施設が建てられたのは19世紀の半ば。以来、保養地として発展し、エステティック施設なども充実。また、ゴルフにカジノ、ウォータースポーツ、レマン湖上クルーズ、コンサートと楽しみには事欠かず、食べ物のおいしいことでも知られる。

フランスをはじめとするヨーロッパの温泉といえば、日本のようにお湯につかるのではなく、医師の処方にしたがってエヴィアン水を使用したさまざまなトリートメントをおこなうのが一般的だ。

旧市庁舎の裏手にエヴィアン水源があり、名水を自由に飲むことができる。

アクセス:鉄道/パリからTGVで4時間20分。オフシーズンはベルガルドまたはリヨン乗り換えで約5時間

 

主なみどころ

カシャの泉 SOURCE DE CACHAT


エヴィアン水の水源、カシャの泉は旧市庁舎の裏手にあり、常に水が豊富に流れ出している。蛇口からアルプスの氷河を源泉とする名水を自由に飲むことができる。 

見どころ