フランスでの宿泊

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

  • © ATOUT FRANCE

    © ATOUT FRANCE

フランスでの宿泊

フランスでは様々な種類の宿泊所を探すことができます。最も一般的なホテルから、ユースホステル、田舎の民家宿泊、キャンプ場からお城への宿泊まで。また宿泊場所の質はフランス観光開発機構が格付けを行っています。ホテルなら1つ星から5つ星、その上の超高級パラスホテルまで、あなたのニーズに合わせてお選び下さい。

 

旅行者がふつうに利用するホテル(フランス語の発音はオテル)は、規模や設備によって政府による格付けがおこなわれています。その等級は星の数で表示され、一ツ星から五ツ星まで5階級にわかれています。

この等級は、入口に必ずプレートで表示れています。

ホテルの等級

ホテルでは、フロントの目につく場所に部屋の料金を、また部屋の中にはその部屋の料金を掲示することが義務づけられています。等級条件の概略は次のとおりです。

  • 一ツ星:最低7室あること/湯と水が出ること(全室の25%の部屋に独立した洗面設備があること)/30人に一つのシャワーつき共同 バスルームがあること/トイレのない部屋10室に一つの共同トイレ(ワンフロアに最低1ヵ所)があること、その他。
  • 二ツ星:一ツ星の基準にプラスの次の条件を満たすこと。 全室の40%がバスまたはシャワーつきであること/シャワーのない部屋の宿泊客20人に1ヵ所の共同バスまたはシャワーがあること/各フロアに電話ボックスが一つあること/4階建以上の場合、エレベーターがあること/従業員が外国語をひとつ話せること/客室内での朝食が可能なこと、その他。  
  • 三ツ星:部屋数が10以上あることと、一ツ星、二ツ星の基準のほかにプラス次の条件を満たすこと。 全室に専用の洗面設備があること/70%の部屋がバスまたはトイレつきであること/50%の部屋に専用トイレがあること/全室に電話があること/3階建以上の場合、エレベーターがあること/従業員がフランス語以外の言葉を二つ話せること、その他。
  • 四ツ星 :一ツ星~三ツ星の基準のほかにさらに次の条件を満たしていること。 90%の部屋にバスまたはシャワーがあること/90%の部屋に専用トイレがあること/2階建以上の場合エレベーターがあること/レストランがあること、その他。
  • 五ツ星 :一ツ星~四ツ星の基準に加えて次の条件を満たすこと。 全室がバスつき/サロンにつくりかえられる寝室1~2室を有するスイートルームがあること、その他。
  • パラス(PALACE):2010年11月創設されたフランスのホテルで最高級の格付け。すでに5ツ星を獲得しているほか、設備、サービス、営業年数など客観的基準について複数の審査が行われる。

 

以上でおわかりのように、星の差はホテルの規模と設備の違いです。また、同じ等級でもホテルによって差があり、パリと地方とでも違いがあります。荷物を運ぶポーターやドアマンがいるのは四ツ星以上で、三ツ星以下では鍵を預かりスーツケースは自分で部屋へ持って行くのがふつうです。


料金体系

部屋料金は部屋単位で決まり、例えばツインで1泊120 という場合は、ひとり60 となります。ふたり部屋をひとりで使用する場合は若干安めとなります。また、フランスでは朝食料金は宿泊料金に含まれていないのが原則ですが、朝食・夕食付きや、3食付きで表紙されている場合もあります。