パリの劇場-ラ・シルク・ディヴェール・ドゥ・パリ

パリの劇場-ラ・シルク・ディヴェール・ドゥ・パリ 110 Rue Amelot, 75011 Paris fr

数多の劇場がひしめく劇場の都、パリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内

パリの劇場-ラ・シルク・ディヴェール・ドゥ・パリ

ラ・シルク・ディヴェール・ドゥ・パリを直訳するならば「パリの冬のサーカス」という意味で、つまりパリのサーカス場である。1852年に晩年にはパリ北駅を設計したジャック・ヒトルフJacques Hittorffが設計した。その昔はシルク・ナポレオンCirque Napoléonという名前で、1934年から現在の名称となった。さらにこのサーカス上で活躍したブーグリオンヌ兄弟の名も並べラ・シルク・ディ・ヴェール・ブーグリオンヌCirque d'hiver Bouglioneとすることもある。どの国でも長い曲芸の歴史があるか、ここでのブーグリオンヌ兄弟から始まる一座の歴史も長く続いている。彼らは毎年新しい演目を披露しているので、サーカス好きの人はもちろんだが、そうではなくとも一年に一度は足を運びたい。

住所 110 Rue Amelot, 75011 Paris

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見どころ

カレンダー

見どころ