パリの劇場-ル・テアトル・ドュ・ロン=ポワン

パリの劇場-ル・テアトル・ドュ・ロン=ポワン 2Bis Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris fr


数多の劇場がひしめく劇場の都、パリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内

ル・テアトル・ドュ・ロン=ポワン(Le Théâtre du Rond-Point)

もともとはシャイヨー宮を設計したカブリエル・ダビオーによって設計され、ジャン=シャルル・ラングロワによって描かれ、1860年に開館したパノラマ館であった。オペラ座を設計したガルニエもパノラマ館を設計していることを考えると、パノラマ館が大掛かりなものだったことと同時に流行したものであるかが分かる。その後流行が過ぎ去ってしまうとベル・エポック期のスケート場として流行ったらしい。その後1981年になってマドレー・ルノーとジャン=ルイ・バローの劇団がここを劇場として使った。これ以降マルグリット・デュラス、ナタリー・サロート、べゲット、三島由紀夫らの現代演劇やタイやチベットなど極東地域の演劇を上演、その後改修を経て、今日も劇場として使われている。

住所 2Bis Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見どころ

カレンダー

見どころ