パリの劇場-ル・テアトル・ドゥ・ジムナス・マリー=べル

パリの劇場-ル・テアトル・ドゥ・ジムナス・マリー=べル 38, boulevard Bonne-Nouvelle 75010 Paris fr

数多の劇場がひしめく劇場の都、パリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内

パリの劇場-ル・テアトル・ドゥ・ジムナス・マリー=べル(Le Théâtre du Gymnase Marie-Bell)

800席を備える劇場で、別に二つの小劇場、ル・ステュディオ・ベルLe studio Marie-Bell が90席、ル・プティ=ジムナスLe Petit-Gymnaseは160席を備える。

1820年に始まった当時はル・ジムナス=ドラマティックLe Gymnase-Dramatiqueという名だった。ウジェーヌ・スクリーブEugène Scribeと契約を交わし1823年にはガス灯を導入、1824年にはテアトル・ドゥ・マダムThéâtre de Madameと変った。その後は劇作家としてバルザック、ジョルジュ・サンド、デュマ・ペール、デュマ・フィスを、1926年にはアンリ・ベルンスタイ、1939年以降はマルセル・パニョール、ジャン・コクトー、サッシャ・ギトリ、ジャン・ジュネに要請するなど常に時代をリードした人材を選んでいたと言える。

 

住所 38, boulevard Bonne-Nouvelle 75010 Paris

 

 

 

 

 

 

 

 

見どころ

見どころ