パリの劇場-ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ポエジー

パリの劇場-ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ポエジー 157 rue Saint-Martin 75003 Paris fr
数多の劇場がひしめくパリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内 

ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ポエジー(La Maison de la Poésie)

ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ポエジーはパリ市によって1983年に創造の場として設立された劇場である。もともとはテアトル・モリエールThéâtre Molièreという歴史的な劇場。この歴史的な場所で現代的な表現を追及する試みがなされている。演劇や音楽、舞踊、そして詩などの分野の垣根を取り払い混ぜ合わせ、再構築するというよな実験的な試みを見ることができよう。既存の表現の場では演じられない新しい芸術を模索する様子をここで見ることができる。

 

住所 Passage Molière 157 rue Saint-Martin 75003 Paris

 

 

 

 

 

見どころ

見どころ