パリの劇場-テアトル・エベルト

パリの劇場-テアトル・エベルト 78 bis boulevard des Batignolles, 75017 Paris fr
数多の劇場がひしめくパリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内 

テアトル・エベルト(Théâtre Hébertot

建物自体の歴史は古く1830年にクリシー市からバティニョル=モノー市が分かれた時に劇場が必要だと言うことになり、1838年に完成した当時ここはパリ郊外、バティニョール通にあったのでテアトル・バティニョールThéâtre des Batignollesとなった。1906年にはテアトル・デ・ザルトThéâtre des Artsとなり、1917年に劇場の監督が変ると当時の最も優れた俳優、劇作家を起用。ルイジ・ピランデッロ、コクトー、アシャール、ジュール・ロマンなどが上演された。その後は停滞していたが1940年からジャック・エベルトーが芸術監督となねしジルドォーの作品に当時無名だったジェラール・フィリップを起用し、カミュの『カリギュラ』にもフィリップを起用した。またコクトーなどの現代劇が上演された。

 

住所 78 bis boulevard des Batignolles,75017 Paris

 

 

 

 

 

見どころ

カレンダー

見どころ