パリの劇場-ル・テアトル・ドゥ・ラ・バスティーユ

パリの劇場-ル・テアトル・ドゥ・ラ・バスティーユ 76, rue la Roquette 75011 Paris fr
数多の劇場がひしめく劇場の都、パリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内。 

ル・テアトル・ドゥ・ラ・バスティーユ(Le Théâtre de la Bastille)

この建物は1912年からヴァラエティー劇場théâtre de variétésとして始まり、その後、映画が流行になると1969年まではシラノ、あるいし、シラノ=ロケットという映画館となった。1969年から再び劇場となり、改修を経て1980年にテアトル・ドゥ・ラ・ロケットThéâtre de la Roquette、1982年にル・テアトル・ドゥ・ラ・バスティーユLe Théâtre de la Bastilleとなった。1989年から演劇の革新者の一人であるジャン=マリー・オルデJean-Marie Hordéが芸術監督となる。ダンス、現代劇が中心に上演される劇場となっている。

 

住所 76, rue la Roquette 75011 Paris

 

 

 

 

 

見どころ

見どころ