パリの劇場-テアトル・アントワーヌ

パリの劇場-テアトル・アントワーヌ 14 boulevard de Strasbourg 75010 Paris fr
数多の劇場がひしめく劇場の都、パリ。絢爛豪華な古典オペラの殿堂から就眠前のひと時を過ごす小さな劇場まで、パリの夜を彩る劇場案内。 

テアトル・アントワーヌ(Le Théâtre Antoine)

1989年からこの劇場は歴史的建造物に指定されたこの劇場、その歴史は1881年のテアトル・デ・ムニュ=プレジールThéâtre des Menus-Plaisirsという劇場に遡る。その後1888年まではテアトル・デ・アールThéâtre des Arts、オペラ・ブッフOpéra-Bouffe、さらにはコメディー・パリジャンComédie-Parisienne、そしてまたテアトル・デ・ムニュ=プレジールに戻るなど頻繁に名前が変った。1888年から1894年の間はアンドレ・アントワーヌの劇団、自由劇場を受け入れた。演劇史残る出来事だったと言えよう。第二次大戦後もマルセル・アシャールやサルトルの演劇が上演された。

 

住所 14 boulevard de Strasbourg 75010 Paris

 

 

見どころ

見どころ