フランス国立図書館--フランソワ・ミッテラン館

  • © Atout France/Hervé Le Gac

    © Atout France/Hervé Le Gac

フランス国立図書館--フランソワ・ミッテラン館 Quai François Mauriac, 75706 Paris fr

フランス国立図書館--フランソワ・ミッテラン館

1989年7月、244チームが設計案のコンペ参加し、4案に絞られた後、当時のミッテラン大統領によりドミニク・ペローの設計案が採用されことになった。この新しい図書館、高さは100mでガラス張り、本を開いて立てたような「L字型」の超高層ビルが4棟向かい合って建ち、中央に長方形の中庭がある。ミッテラン大統領の死を受けて、新館はフランソワ・ミッテラン館と名付けられた。

国立図書館はリシュリュー通り(2区)にあるリシュリュー館(旧館)をはじめ、7つの施設で構成されているが、1994年完成のこのフランソワ・ミッテラン館が中心となっている。図書館には1000万を超える書籍と35万束の原稿・写本に加え、地図、コイン、文書、版画、レコードなどが所蔵されているという膨大なもの。

(入館方法についてはフランス国会図書館のホームページでご確認下さい。)

 

住所 Quai François Mauriac, 75706 Paris

 

最寄駅 パリ・メトロ6号線 ケ・ドゥ・ラ・ガール駅、14号線、RER C駅 ビブリオテック・フランソワ・ミッテラン駅

見どころ

カレンダー

見どころ