ポンピドゥー・センター・メッスで『ウォーホル・アンダーグラウンド展』

  2015年 7月 01日 ~ 2015年 11月 23日
  • Andy Warhol, Ten Lizes, 1963 Paris, Centre Pompidou - Musée national d'art moderne

    Andy Warhol, Ten Lizes, 1963 Paris, Centre Pompidou - Musée national d'art moderne

    © The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / ADAGP, Paris 2015 © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Adam Rzepka

ポンピドゥー・センター・メッスで『ウォーホル・アンダーグラウンド展』 1, parvis des Droits-de-l’Homme 57000 Metz fr

ポップアートの第一人者が手掛けた作品を、音楽やダンス、映画といったニューヨークのアングラ芸術との繋がりに着目して再読する

この展覧会は、アンディ・ウォーホル(1928-1987)の作品における、音楽やアングラ映画、アバンギャルドの影響を明らかにするものです。

ウォーホルと、彼がプロデュースしたニューヨークのロックグループThe Velvet
Undergroundとの出会いから50年経ったことを祝うという意味もあります。

音楽をバックに、訪問者は150枚以上の写真やフィルム、彼を象徴する作品を通じて、ウォーホルの作品を再発見することができます。記録文書やレコードジャケットも展示されます。

 

ウォーホルとThe Velvet Underground

展覧会では、伝説的な「シルバーファクトリー」にも触れています。これは、壁をアルミホイルで覆ったアトリエで、さながら巨大な鏡のようでした。製作だけでなく、様々な人を呼び寄せたり、コンサートや上映会、パーティーを開催したりしました。

トータルアートの原型として、そこではマルチメディアを用いた表現を受け入れ、芸術的パフォーマンスとディスコをミックスしました。人生と芸術作品を融合させたのです。

 

Judson Dance Theaterの研究に特に見られるように、ダンスはウォーホルがファクトリーで題材にしたものの本質的な役割を果たしています。

 

アクセス

ポンピドゥー・センター・メッス

1, parvis
des Droits-de-l’Homme 57000 Metz

 

見どころ