第9回サン・テチエンヌ国際デザイン・ビエンナーレ2015

  2015年 3月 13日 ~ 2015年 4月 13日
  • neuvième édition de la Biennale Internationale Design Saint-Étienne

    neuvième édition de la Biennale Internationale Design Saint-Étienne

第9回サン・テチエンヌ国際デザイン・ビエンナーレ2015 42000 Saint-Etienne fr

美の意味

美の意味・・・2015年3月12日から4月12日まで開催されるサン・テチエンヌ国際デザイン・ビエンナーレは、新しくバンジャマン・ロワイヨテが共同キュレーターとして参加することで、さらに活気あふれるものとなります。第9回となる今回の展覧会は、形の重要性と形がその機能やしきたりや生活の質に与える意味を問い直します。美は、どのような価値を伝えるのか?どのような目的で? どのようなデザインのために? 生活様式やしきたりや社会慣行上で生み出される形は何を語っているのか? 形は世界の様相について何を呟くのか?

ビエンナーレの総合キュレーターのバンジャマン・ロワイヨテとエルザ・フランセは、第9回となる今回のビエンナーレに国際的な広がりを与えようと、次のようなデザイン界の一流のクリエーターたちをセレクトしました:ジョヴァンニ・マッソーニとディーター・ヴァン・デン・ストーム、バート・ヘスとアレクサンドラ・ジャフレ、ダヴィッド・オリヴィエ・ラルティゴーとサミュエル・ヴェルメイユ、ガエル・ガビレとステファン・ヴィラール、オスカー・レルミット、エリック・ペトロット、キム・コリンとサム・ヘクト、イオナ・ヴォートラン、スズキ・ユウリ、スタジオ・グリテロ、フロランス・オステンド、デニ・パランとサム・バロン。

 

出展公募には、500近い応募がありました。

 

ユネスコの創造都市ネットワーク(デザイン部門)により名誉招待国となった韓国は、チェ・キョンラン委員が若い才能を紹介します。

未来、文化、革新、ハイテク、国際と、第9回ビエンナーレでは、数多くのテーマに沿った作品が展示され、見る者に心からの驚きを与えることでしょう。作品はすべて今回が初公開となるものばかりです。

ビエンナーレINは、各都市を代表する場所で開催されます。

サン・テチエンヌ市内:シテ・デュ・デザイン=サイト・マニュファクチュール、労働組合会館、ラ・プラットフォーム=観光局、アミカル・ライック・シャプロン、鉱山博物館、サン・テチエンヌ・メトロポール近代現代美術館、芸術産業美術館。

フィルミニ、コルビュジエ建築:サン・ピエール教会

リヨン:プラトー・ド・ラ・レジオン・ローヌ・アルプ:

ビエンナーレOFFとしては、リヨンやサン・テチエンヌなどの4大都市圏で作る共同体の領内で、30余りの展覧会が開催されます。

                

見どころ

見どころ