フランスの秘境、ジュラ県を歩く

  • © Atout France/Fabrice Milochau

  • © Atout France/CRT Franche-ComtØ/AC TrØboz

フランスの秘境、ジュラ県を歩く Baume Les Messieurs fr

【概要】
さらに踏み込んだフランスの自然としてジュラ地方にある、フランスの最も美しい村々のひとつを訪ね、そこからのハイキングを楽しむ

【詳細】
フランスで自然を満喫する旅として、ディジョンやリヨンからの日帰りなどを想定しています。
また、アヌシーからも約60㎞くらいなので、ローヌ・アルプの雄大な大自然を満喫した際に足を伸ばすことも可能です。

フランス通の旅行者をもってしてもマニアックと言ってもらえるような提案です。

【ジュラ県について】
スイスと国境を接するフランシュ・コンテ地方の県で、白ワインの産地としても知られています。
個性的なワインとしては、Vin de Paille(麦わらワイン)などがあり、これは収穫を遅らせたブドウを麦わらの上で乾燥させてワインにするもので、黄色い甘口ワインとなります。
また、銀座にも店舗を構える老舗ショコラティエ、イルサンジェー(Hirsinger)もこの地方の名産品として知られています。

「ジュラ」とはラテン語で原生林や森を表す言葉です。その名が示す通りこの場所は山に囲まれた高原地帯になっており、周囲から隔絶された秘境の雰囲気が漂っています。
湖や渓谷、それに山など透明感のある手つかずの自然の美しさを堪能する事が出来ます。
このエリアでは、このような自然に触れるハイキングやマウンテンバイクでのサイクリング等がオススメです。4月末から6月上旬はナルシスの花が咲く季節としてにぎわいます。


【ハイキング】
スタート地点は、フランスの最も美しい村々のひとつに登録されているボーム・レ・メシエール(Baume Les Messieurs)で、6世紀に作られたボーム修道院を眺めながら南へ進みます。
村からは基本的にダール川沿いに進み、ジュラの切り立った崖やボームの滝などを眺めながら約8㎞のコースを3時間ほどかけて歩きます。
そして最も離れた場所にはボーム洞窟があり、ジュラの歴史のさらに深くへいざないます。
この洞窟は4月から9月にかけてオープンしており、ガイドツアーでの参加のみ見学が可能です。所要時間は約40分で、約1㎞に渡って続く幻想的な洞窟の中にはそれまで見てきたダール川の水源を見ることができます。

【ロケーション】
・リヨンからは北東に約100㎞
・アヌシーから北へ約60㎞
・ジュネーブからは北西に約20㎞

【企画上のポイント】
・上記都市を軸として日帰りでジュラ地方の美しい村見学とトレッキングを行う
・ジュラ県という、フランスの中では知られていない「秘境」を体感する

【企画可能な期間】
3月30日~9月30日(10月は15日までグループのみ対応可)

【注意事項】
・天候や自然環境により洞窟を見学できない場合がある

【その他】
・ボーム洞窟のみの見学の場合は、歩いて2分のところにパーキングが完備されている

 

見どころ