自転車で巡る王家ゆかりのロワール古城

  • © Atout France/Léonard de Serres 

  • © Atout France/Catherine Bibollet

自転車で巡る王家ゆかりのロワール古城 tours fr

【概要】
ロワール河岸に沿って点在する世界遺産の古城群を快適なサイクリングロードで巡る。

【詳細】
観光の拠点となる街から無理のない手頃な距離のサイクリングでロワール古城巡りのハイライトが楽しめます。ロワール河沿いは約800キロに渡りサイクリングロード「ロワール・ア・ヴェロ」が整備されています。ヴェロは自転車の意味です。ソーシャルでエコロジカルな旅のスタイルとして人気で、自転車で週末旅行を楽しむ家族の姿もよく見かけます。
 
「ロワール・ア・ヴェロ」ではゆったりと流れる河川の沿道などにヨーロッパ共通の案内標識を整備。村や森を抜けて城へと向かう道路では自動車への気遣いなく快適なサイクリングが楽しめるように安全対策もとられています。レンタルや修理ができるショップ、駐輪場、荷物の陸送ができるホテルなどコース周辺の施設も「ロワール・ア・ヴェロ」に加盟しています。
今回は以下の2つの町を中心として日帰りが可能な観光ルートをご紹介します。一帯は土地が平坦で非常に走りやすく、川の周りには広大な森が広がっているため、大自然に浸ることができます。

【ブロワ発:シャンボール城周回ルート】
全長36.5㎞。うち専用路11.5㎞、交通量の少ない道路22.75㎞、一般道2.25㎞。時速10㎞~20㎞換算で4時間弱~2時間弱の行程。

シャンボール城:
フランソワ一世の命で建てられたロワール最大の城。440の部屋と365の暖炉、レオナルド・ダ・ヴィンチ設計とされる二重らせん階段があります。王侯貴族たちはソローニュの森で狩猟を楽しみました。周囲30㎞あまり、パリに匹敵する広大な敷地を実感できるコース。


【トゥール発:ヴィランドリー城周回ルート】
全長35㎞。時速10㎞~20㎞換算で4時間弱~2時間弱の行程。

ヴィランドリー城:
幾何学模様にきれいに区画された色とりどりの庭園。トゥール近郊のヴィランドリーは名庭園を持つ城として広く知られています。菜園、水の庭園、装飾庭園の三つの層に分かれています。手入れがよく行き届き、いずれ劣らぬ名園でいつまで見飽きることがありません。

【ブロワのレンタサイクル】
Détours de Loire(デゥール・ドゥ・ロワール) ブロワ店
住所:39 avenue Jean Laigret Blois
TEL:02 54 56 07 73
営業日:4月は月~土の09:30~12:30/16:30~18:30
5月~9月は月~土の09:30~13:00/15:00~18:30
日・祝は09:30~13:00/17:30~18:30
http://www.locationdevelos.com/

Rando Vélo(ランド・ヴェロ)
住所: 2 rue Jean Moulin 41000 Blois
TEL:02 54 78 62 52
通年営業
info@randovelo.fr
http://www.randovelo.fr

【トゥールのレンタサイクル】
Détours de Loire(デゥール・ドゥ・ロワール)トゥール店
住所:35 rue Charles Gille 37000 Tours
TEL:02 47 61 22 23
営業日:4月は月~土の09:30~12:30/16:30~18:30
5月~9月は月~土の09:30~13:00/15:00~18:30
日・祝は09:30~13:00/17:30~18:30
http://www.locationdevelos.com/


【ロケーション】
・トゥールまではパリからTGVで約1時間半
・ブロワまではパリからTGVで約2時間

【企画上のポイント】
・初心者、リピーター問わずお勧めしたい人気の高い世界遺産への新たなアプローチ。
・1日から可能な達成感が大きい体験型の新しい旅。

【企画可能な期間】
上記レンタサイクル店の営業期間

見どころ

見どころ