ガヴァルニー圏谷やグランド・カスケード。ピレネー山脈の自然を歩く

  • © CRT Midi-Pyrénées D. Viet

ガヴァルニー圏谷やグランド・カスケード。ピレネー山脈の自然を歩く Gavargnie fr

【概要】
体力や時間に合わせて調整ができる国立公園、そして世界遺産のピレネーハイキングルートを堪能する。
【詳細】
ガヴァルニーは、壮麗な氷河のカール(圏谷)で知られています。
2万年以上も前に、巨大な氷河がガヴァルニーから下方のルルドにまで伸び、現在の地形をつくり上げました。
標高3253mのマルボレLe Marboréのほか、カールを囲むように3000m級の山が連なり、山稜からはヨーロッパでもっとも大きな滝、落差422mのガヴァルニーの滝をはじめ、無数の滝が落ちて迫力のある眺めが楽しめます。5~7月はカールに光が当たり、もっとも美しい季節です。
ガヴァルニーのハイキングは、レストランや駐車場があるガヴァルニー村を出発点に、体力と所要時間に応じて、1時間程度の散歩からピレネーの山を超えてスペインまで…という難コースまでさまざまなプランが可能です。
川のほとりの遊歩道を行くと、周囲には草原や針葉樹林。背景にある雪と氷河に覆われたピレネーの山々は、歩き進むに連れて大きくなっていきます。馬やロバでのトレッキングもできます。

 【ロケーション】
ガヴァルニー村までのアクセス: トゥールーズから約110㎞、ルルドから約30㎞

【企画上のポイント】
・初心者、シニア向けツアーでも組み込めるハイキング素材
・地理的に西に位置するアキテーヌ地方(ボルドー、ドルドーニュ渓谷の古城巡り等)や、東のラングドック・ルシオン地方(カルカッソンヌ、ポン・デュ・ガール等)との組み合わせが可能

【企画可能な期間】
4月~9月頃

見どころ

見どころ