ナポレオンとコロンブスの故郷、そして大自然のトレッキングコースを備えたコルシカ島

ナポレオンとコロンブスの故郷、そして大自然のトレッキングコースを備えたコルシカ島 corse fr

【概要】
オフ期に温暖なイメージのある地中海の島・コルシカ自然と歴史、そして、島独特の文化の融合
南フランスやサルデーニャ(イタリア)との組み合わせも面白い

【詳細】
・島内の公共交通機関が不便なため、個人旅行者はレンタカー・タクシーに頼らざるを得ないので、「ツアー」の便利さが強調出来ます。
・主にヨーロッパからの観光客が7-8月に集中するので、オフ期は仕入れ面でも好機と思われます。
・南フランスとの組み合わせ、また、サルデーニャ(イタリア)との組み合わせも可能です。
・ナポレオンにしろ、コロンブスにしろ、現地ではそれほど見るものがないので、ツアータイトルのアイ・チャッチにはなっても、ツアー全体のテーマにはなりにくいと思われます。
・コルシカ特産のハム・ソーセージ類(コッパ、ロンズ、プリスッツ、フィガテルなど)は、クリの粉で作ったポレンタや、具だくさんのスープと一緒にコルシカの美食として知られています。はちみつとイチジクのジャムも有名です。
ヤギやヒツジの乳清で作るブロッチョや、ヴェナケーゼ、orezincu、あるいはカロンザナなどは、羊飼いの島コルシカを代表するチーズです。
ワインに関しては、ニエルキオ、ヴェルマンティノ、スキアカレロなどAOCワインを味わうこともできます。

【アクセス】
パリ(ORY)、ニース、マルセイユからアジャクシオなど島内4空港に空路。
パリ、ニース、マルセイユから毎日就航。
ニース、マルセイユなどから海路。

【企画のポイント】
皇帝ナポレオンの出身地(アジャクシオ)
コロンブスが生まれたといわれる街(カルヴィ)
北部コルス岬の景観
南部カウーリア及びフィリトーザには先史時代の巨石遺跡
世界自然遺産スカンドラ、ジロラッタ、カランケ(船からの観光)
ヨーロッパの遺産村 ラマ(山間の村)
独特の自然美の中のハイキングコース:
カロンザナCalenzanaからコンカConca(南部のポルトベッキョPorto-Vecchio)まではトレッキング用に整備された山道です。こちらのコースでは、チント山塊Cintoやルノンソ山塊Renonso、バヴェラ鋭峰Bavellaなど、標高2500メートル以上の未開の自然が残る山岳を昇り降りします。コースは約20区間ごとに山小屋(ビバークは禁止)が設けられています

【企画可能な期間】
11月 ~ 4月

【注意事項】
オフ期(特に12月~2月)は、休みとなるホテル・レストランがある。