ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチ・トラン・ジョーヌ

  • © Atout France/Franck Charel

ヨーロッパ最高峰を走る鉄道、プチ・トラン・ジョーヌ cerdagne fr

【概要】
ピレネー山脈の麓を走るプチ・トラン・ジョーヌは通年運航しており、冬には雪に覆われたピレネー山脈を臨むことができる


【詳細】
この電車はヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンとラトゥール・ド・カロルを
結ぶ路線を走る黄色い列車でおよそ63kmのこの区間を約3時間かけて走る。
開業が1903年ということで、今年でちょうど100年の歴史を持つ。
ヴィルフランシュを出発してすぐに谷が深くなり、最初の高架橋のセジュルネ橋を通る。このあたりで標高は1.000mとなる。そこからさらに登り、もう一つの橋、ジスクラールの吊り橋を通過する。
その後は徐々に視界が開け、盆地のセルダーニュ高原を通る頃、標高は1.500mを超える。
そこから直線距離にすると80kmほどの間で1.600m下ることになるので、勾配の差も楽しむことができる。



【アクセス】
パリ-ペルピニャンまでTGVで5時間
ペルピニャン-ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンまで電車で50分


【企画のポイント】
ピレネー山脈の風光明媚な自然の中を電車で観光する。
途中、セジュルネ橋やジスクラール橋など、景観に優れた場所を通過する。


【企画可能な期間】
通年


【注意事項】
朝と夕方はそれぞれ2往復あるが、日中は便が少ない。

見どころ