6/21(金)に開催の音楽の日のテーマは「声」に決定!

  2013年 6月 21日 ~ 2013年 6月 22日
  • © Fête de la musique, logo réalisé par Michel Bouvet

6/21(金)に開催の音楽の日のテーマは「声」に決定! 75001 PARIS fr

毎年夏至の日にフランスで行われる「音楽の日(la Fête de la Musique)」は今年で32回目を迎える夏の一大音楽イベントです。1982年6月21日、フランス中が、第一回音楽の日のリズムに合わせてスウィングしました。当時のジャック・ラング文化相によってはじめられたこのイベントは、大成功をおさめ、その後さらに規模を拡大させています。
この日、フランスではさまざまな音楽イベントが開催されます。パリでは路上で演奏しても構わない日とされ、ロックバンドの隣でクラシックを演奏している、という光景も見られます。

今年のテーマは「声」に決まりました。それぞれの人の心の状態を外部に伝える声は、一人として同じものがなく、時間と文化的背景によって大きく変化していくコミュニケーションの道具。全ての音楽に共通する声という楽器が6/21(金)の音楽の日にフランス全土で混じり合います。

声というテーマに沿って、50年前にフランス国民に惜しまれて亡くなった国民的歌手エディット・ピアフの歌に特に注目が集まります。フランスだけでなく世界にその名をとどろかせたピアフの歌は彼女のミステリアスな人生と共に時間を超えて人々を魅了し続けています。

この日の主役は、ジャズ、ソウル、ファンク、ロック、レゲー、クラシックなど、ジャンルを問わずあらゆるスタイルの音楽です。アマチュアもプロも、この日は、誰もが音楽三昧。バーも、コンサート・ホールも、道端も、音楽マニアで埋め尽くされます。
 
今年もまたやってくる音楽の日に、音楽とともに夏の訪れを祝いましょう。
「音楽の日」のプログラムは6月上旬にこちらのウェブサイトにて公開されます。

期間

 

見どころ

見どころ