マルセイユ・プロヴァンス 2013

  2013年 1月 12日 ~ 2014年 1月 12日
マルセイユ・プロヴァンス 2013 マルセイユ

今回、地中海沿岸で繰り広げられる「ヨーロッパ文化首都2013」では、旅や出会いの場、大きな探検の舞台が待っています。エクス・アン・プロヴァンスからマルセイユ、アルルからラ・シオタまで、約100の自治体が集まり、巨大な都市圏を形成し、文化交流、自然と都会との関係、都会の文化、という3つのテーマが冠されています。
「マルセイユ-プロヴァンス 2013」のプログラムは、その文化的活力と独特な社会環境の中で、そのエスプリを反映しています。

「地中海」、「二つの岸部の対話」、「南仏のシェア」というテーマの、3つのエピソードで構成された物語仕立てのプログラムを一本の赤い糸が貫いているというコンセプトです。ヨーロッパ地中海のアトリエで、大きな見本市で、多くのフェスティバルや、文学・音楽・映画・演劇などの企画や観客参加型のイベントなどで、その赤い糸に出会う、という趣向です。
新らしい文化施設の開館式や、展示会の開会式など、数々の主要なイベントを機会に、それぞれのエピソードはアーティスティックに開幕します。

 

エピソード1: マルセイユ-プロヴァンスは世界中の人々を歓迎します

2013年1月~5月

このエピソードでは、ホスピタリティーの歴史、コスモポリタニズム、人間関係に光を当てます。フェスティバルやイベント開幕の理由が、芸術の新しいテリトリーとしての街の中に、新しいアートの形の豊かさや豊富さを示してくれることでしょう。

ウイークエンド・オープニング:「文化のヨーロッパ・キャピタル」の偉大なる歴史の1ページ目は2013年1月12日、13日に始まります。「キャピタル(中心地)」を開始する4つのイベントをエクス・アン・プロヴァンスからアルルまで広い地域にわたって開催し、訪れてくれた人々と地元の人たちを結びつけます。このウイークエンド・オープニングの後も、引き続き皆様にご参加いただける予期せぬような目を見張る様々なアーティスティックなイベント開催を予定しています。

 

エピソード2 :マルセイユ -プロヴァンス 解放された空

2013年6月から8月

夏の間、自然とのふれあいや散策、星空の下やまだ知られていない場所でのショーやコンサートが予定されています。たくさんのフェスティバルが様々なテーマで開催されます。才能や出会いを分かち合う、特別なフェスティバルのシーズンがやってきます。

 

エピソード3:マルセイユ - プロヴァンス 1000人の顔

2013年9月から12月

このエピソードではパブリックスペースでの芸術と生活、新たな現代風文体、幼年期や青年期のために創作された作品、そして芸術の歴史と地中海風思想を象徴する何人かの人物像に焦点をあてていきます。

これらは、まず、偉大なる“地中海の顔”、絶え間なく私たちの意識や想像力を一新していった、象徴となる以下の人物です:アヴェロエス、アルベール・カミュ、ル・コルビュジエ、パゾリーニ、ペノーネ、ピストレット.....。
コントラストの地、プロヴァンスでは、セミの鳴き声を聞いて楽しむことができると同時に、家族や友人、恋人どうしで教養を高めることのできる地域です。「文化のヨーロッパ・キャピタル」では、世に埋もれた宝物を発見するかのような、数多くの驚きのプログラムを準備しています。2013年はこのように、誰もが生き、分け合い、好きになる何かを得られる地で、あらゆる資源・豊かさを見つける機会となるでしょう。

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ