パリ・ノートルダム寺院 850周年記念式典

  2012年 12月 12日 ~ 2013年 11月 24日
  • 850周年を迎えるパリのノートルダム寺院

    850周年を迎えるパリのノートルダム寺院

    © Dibrova-shutterstock.com

パリ・ノートルダム寺院 850周年記念式典 75004 Paris fr

パリのノートルダム寺院は、信仰の場としてもパリの歴史的建造物としても、国内外問わず非常に人気の名所です。その証拠に毎年、巡礼者や観光客を合わせ約1400万人の来訪者があります。


大聖堂の歴史の始まりは1163年に遡ります。パリの司教モーリス・ド・シュリーにより建設が開始され、このゴシック建築の至宝の最初の石が置かれてから、2013年で850年を数えます。


2012年12月12日~2013年11月24日、ノートルダム寺院の建設850周年を記念し、期間中多くのフェスティバル、セレモニー、感謝の祈りや、文化事業などが予定されています。 これら記念行事はフランス大統領、文化広報大臣、パリ市長、ジャック・シラク氏などの後援のもと開催される予定です。中でも注目すべきイベント開催をご案内します。


新しい鐘の設置


大規模な企画の一つとして、北の塔の新しい鐘8つと南の塔に大釣鐘1つ(エマニュエル大鐘の横に設置される予定)が現在製作されています。これらの新しい鐘の設置は、ノートルダム寺院、850年を記念行事の中でも最も重要な企画です。2013年3月末からは、18世紀末にあった鐘の音のある風景が蘇ります。


祝いの道 Le Chemin du Jubilé


850年を祝してLe Chemin du Jubilé(ル・シュマン・デュ・ジュビレ/祝いの道)と名付けられた今までにカテドラルにはなかった方法による透視画的構成のが記念行事期間中現れます。それはかつての活気づいていたパリの中心に通じる道のようなものです。寺院前の広場にかかわる展覧会とイベントが開催されます。


『ジュビレ・デゾンフォン』(祝う子供たち) 2013年2月2日


『神殿奉献』を記念して、『ジュビレ・デゾンフォン』(祝う子供たち)という式典を開催。子供や子供連れの家族を対象に教会の鐘や傑出したモニュメントを見学しながらパリ司教区からノートルダムをめざすラリー形式で何千人もの子供たちが集まります。そしてアンドレ・ヴァントロワ枢機卿が、2013年2月2日に新しい鐘を、祝別し、一般に公開されます。


初めての鐘の音 2013年3月23日


2013年3月23日(土)『聖週間』を開幕する『聖枝祭』に初めて鐘の音が披露されます。


世界一斉オルガンコンサート 2013年5月6日


2013年5月6日、世界各地の大聖堂や教会、ゆるしの秘跡(告解室)やコンサートホールなどで850のコンサートが開催されます。コンサートは24時間行われ、各会場、文化遺産であるパリのノートルダム寺院で演奏されるオルガン曲を一曲以上をオルガン、コーラス、楽器による演奏がおこなわれます。

見どころ

見どころ