ヴォワイヤージュ・ア・ナント~アートに揺れる街

  • © La Machine

  • © Bernard Renoux

  • © Bernard Renoux

  • © Bernard Renoux

ヴォワイヤージュ・ア・ナント~アートに揺れる街 Nantes fr

冒険小説家のジュール・ヴェルヌ、映画監督のジャック・ドゥミ、歌手のトリ・ヤンやバルバラなど、ナントにインスピレーションを受けた芸術家は数知れず。大西洋岸の都市ナントは20年も前から“アート”を都市発展の中核に据え、多数の文化施設を建設し、唯一無二のイベントを立ち上げてきました。ビスケット工場跡を文化施設とした「ル・リュ・ユニック」、巨大な象や蜘蛛の機械が園内を練り歩く「レ・マシーン・ド・リル」、現代アートのアトリエとして誕生した「ラ・ファブリック」、また最近ではバナナ倉庫跡をカフェやレストランが入る流行スポットに再開発した「アンガー・ア・バナーヌ」などが注目を集めます。 日本ですっかりおなじみになったクラッシック音楽の祭典「フォル・ジュルネ」もナント発のイベントです。
とくに2012年はナントをこれまで以上に文化都市として印象づけるイベントが開催中です。その名も「ヴォワイヤージュ・ア・ナント(ナントへの旅)」。2012年の夏以降、街中に散らばる約30カ所の文化施設および観光施設は“アート”という一貫性あるひとつの観光ルート上に集められ、文化と観光の相互的な発展を目指します。



「ヴォワイヤージュ・ア・ナント~アートに揺れる街~」
Le Voyage à Nantes - La ville renversée par l’art
2012年6月15日~8月19日
・公共の場のまっただ中に出現するアート作品、お祭り、趣向を凝らしたクルーズ、特別展など。
www.levoyageanantes.fr


期間内の注目のイベント
◆エスチュエール・ナント<>サン・ナゼール◆
Estuaire Nantes<>Saint-Nazaire  ("ナント~サン・ナゼール間の河口”の意味)
www.estuaire.info
「ヴォワイヤージュ・ア・ナント」の主力イベント。2007年、2009年の開催を経て2012年は最終章を迎えます。
ナントからサン・ナゼールまでのロワール河口地帯に、現代アートのモニュメントやオブジェ、インスタレーションが創作、展示されます。いくつかの作品は会期以降も残され、永続的な観光スポットとして保存されます。現在は過去2回のイベント時に制作された22個のオブジェやモニュメントが16カ所にて見学できます。たとえば…
・ ペ城:アーティストの部屋 
Chambres d'artistes au château du Pé
ロワール河畔の城内に、アーティストのカップル6組が自由な発想で内装を手がけた部屋がある。宿泊・見学が可能。
www.chateaudupe.fr
・ダニエル・ビュレンとパトリック・ブシャン作の大きなリングアート
 Les Anneaux de Daniel Buren et Patrick Bouchain 
パリのパレ・ロワイヤルの円柱を作ったことで有名な現代アート作家ダニエル・ビュレンDaniel Burenが建築家パトリック・ブシャンPatrick Bouchainと共同で手がけた大きなリングアート。アンティーユ河岸に等間隔に並べられた18の輪のイルミネーションは日が暮れて夜になると異なる色に輝きながら夕闇を染めはじめます。周辺はナント唯一のおしゃれスポット。
 
◆海のカルーゼル(メリーゴーランド)◆
Carrousel des Mondes Marins
「レ・マシーン・ド・リル」では2012年夏、新たな巨大アトラクションが誕生します。海の世界をイメージした2階建てメリーゴーラウンド「海のカルーゼル」です。
www.lesmachines-nantes.fr
▲アクセス
空路/パリ・オルリー空港およびシャルル・ド・ゴール空港からナント・アトランティック空港まで50分。市内までバスで約20分、タクシーで約10分。
鉄道/パリ・モンパルナス駅からTGVで約2時間。

Related videos

 
 

Sponsored videos