東京・渋谷で楽しむ南仏ミモザ祭りメニュー

  2018年 2月 01日 ~ 2018年 2月 28日
  • マンドリュー=ラ=ナプールでのミモザ祭りの様子 - © Mandelieu-La Napoule Tourism Office

    マンドリュー=ラ=ナプールでのミモザ祭りの様子 - © Mandelieu-La Napoule Tourism Office

  • ミモザ街道 - © Mandelieu-La Napoule Tourism Office

    ミモザ街道 - © Mandelieu-La Napoule Tourism Office

  • 「ア ビエント」のミモザ祭りメニュー - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

    「ア ビエント」のミモザ祭りメニュー - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

  • 「ア ビエント」の夕方。新宿のビル街に手が届きそう。 - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

    「ア ビエント」の夕方。新宿のビル街に手が届きそう。 - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

  • 「ア ビエント」から見た夜景。 - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

    「ア ビエント」から見た夜景。 - © Shibuya Excel Hotel Tokyu

東京・渋谷で楽しむ南仏ミモザ祭りメニュー

最新の情報と文化を発信する街、東京・渋谷。その中心にそびえ立つ「渋谷エクセルホテル東急」の最上階25階に位置するレストラン「アビエント」は、地上100メートルの絶景を臨む、天空のフレンチダイニングです。


その「ア ビエント」では、2月1日(木)~2月28日(水)の期間、フランスの南に位置するコートダジュールで1931年から続くミモザ祭りをイメージしたコース料理とドリンクのペアリングディナープラン「Menu Suggestion~ア ビエントのミモザ祭り~」を開催。「ア ビエント」の料理は生クリームやバターの使用を極力抑え、食材本来の持ち味を最大限に引き出す調理法にこだわったやさしいフレンチです。

 

メニューは、シェフ・舘野利弘による全5品。前菜、温前菜、魚料理、肉料理、デザート、そして食後の飲みものと続くフルコースです。ドリンクはミモザカラーのエチケットを施したシャンパン“ジョセフペリエ”か、シャンパンカクテル“ミモザ”が1杯付いたプラン、シャンパンとワイン(赤・白)が1杯ずつ付いたプラン、シャンパンとワインをフリーフローで楽しめるプランの3種類からチョイス。ワインはすべてフランス産です。

 

ミモザ祭りについて

南仏コートダジュール地方のミモザは1月上旬から咲きはじめ、2月には満開になります。一年に一度ミモザの黄色で街中が埋め尽くされる2月に開催されるのがマンドリュー=ラ=ナプール(Mandelieu-La Napoule)という田舎町のミモザ祭り。今年は2/20(火)-2/28(水)に開催。ミモザの女王投票やパレードで町中が活気に満ちる冬の一大イベントです。ドライブ好きな旅行者におススメしたいのが、ミモザ街道。花の名前が入っているボルム・レ・ミモザ(Bormes-les-Mimosas)という町からグラース(Grasse)にいたる130キロにわたってミモザが咲いています。

 

〈プラン詳細〉

・シャンパンまたはシャンパンカクテル“ミモザ”1杯付き ¥10,000

・シャンパン、ワイン(赤・白)各1杯付き ¥12,000

・シャンパン、ワイン(赤・白)フリーフロー付き ¥13,500

・お食事のみ ¥8.500
レストラン 「アビエント」

〒150-0043東京都渋谷区道玄坂1丁目12番2号 渋谷マークシティ内 渋谷エクセルホテル東急 25階

ご予約はTEL: 03-5457-0132(直通)