パリのルーヴル美術館で企画展「フェルメールと風俗画の巨匠たち」開催

  2017年 2月 22日 ~ 2017年 5月 22日
  • Musée du Louvre

    © Paris Tourist Office / Photographe Sarah Sergent

    Musée du Louvre

    © Paris Tourist Office / Photographe Sarah Sergent

パリのルーヴル美術館で企画展「フェルメールと風俗画の巨匠たち」開催 75001 paris fr

ルーヴル美術館がアイルランド・ナショナル・ギャラリー、ワシントン・ナショナル・ギャラリーの協力を得て、今日これほどまでに有名になった画家ヨハネス・フェルメール(1632年-1675年)の人物像を紹介する展覧会を開催します。

フェルメールは作品数が極めて少なく、生涯作品数は35点前後と言われていますが、本展ではその3分の1にあたる12点を紹介します。これだけの作品がパリに集結するのは1966年以来です。作品を通じ、フェルメールがオランダ黄金時代の他の巨匠たちとどれほど興味深い関係を保っていたかを解説します。

アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダの各主要美術施設から同意を得て今回特別に貸し出された作品の数々は、これまでとは異なるフェルメールの姿を垣間見せてくれるでしょう。人を近寄せない、静寂の中の孤高の画家というイメージは消え、それでもやはり、どこにでもいるただの一画家ではなかったことを再確認します。事実、同時代の他の画家と交わることで、フェルメールの画家気質はより明確なものになり個性あるものになっていったのです。

 

フェルメール、変化の画家

 フェルメールは独特の画風を生んだと同時に、変化した画家としても知られます。19世紀末にフランス人美術評論家、テオフィレ・トレ==ビュルガーは、フェルメールを「デルフトのスフィンクス」と形容しました。生前に高い評価を受けることのなかったフェルメールは再度注目されるようになり、彼に「謎めいた画家」のイメージが定着します。孤高の天才画家、と伝説のように語られることは謎めいたイメージをより強くしていきました。

実際の所、フェルメールは、当時の芸術界から孤立していてはこれほどまでに画術を習得したり、創作性を高めることは不可能でした。

今展では、17世紀オランダ黄金時代に活躍した風俗画の巨匠たち(ヘラルト・ドウ、ヘラルト・テル・ボルフ、ヤン・ステーン、ピーテル・デ・ホーホ、ハブリエル・メツー、カスパル・ネッチェル、フランス・ファン・ミーリス)の作品とフェルメール作品を比較して、フェルメールがどのようにして画家、とりわけ、上品で洗練された日常画を専門とした画家たちのネットワークの中に入っていったかを理解します。彼らは互いに敬服し合い、インスピレーションを齎し合い、時にライバル心を燃やし合いながら作品制作に打ち込んだのです。

1650年から25年間は、オランダ連合州が世界経済の中心として繁栄した時期であり、当時のヨーロッパでも最も富裕な国であったため、富を築いた社会的エリート達はそのイメージに合う芸術を求めました。こうして1650年代初頭に風景画の‘ヌーヴェル・ヴァーグ’とも言える新しい画風が誕生します。画家たちは静謐な空間に礼儀正しい男性や美徳ある女性を描き、演出された日常場面を理想化して表現し始めたのです。

 

今展で紹介する画家達は、オランダ連合州の異なる町でそれぞれ制作活動をしていたにも関わらず、その作品には、画風、主題、構成、画術において強い類似性が見られます。

巨匠たちは互いに切磋琢磨し合い腕を磨いて、自身の作品の質をこの上なく秀逸なものにすることに成功したのです。



住所 :ルーヴル美術館Musée du Louvre 75001 Paris

 

詳細情報

見どころ

カレンダー

見どころ