フランドル地方とワロン地方の鐘楼群

フランドル地方とワロン地方の鐘楼群 ARRAS fr

ベルギーとフランス北部に点在する32の鐘楼群が1999年、ユネスコ世界遺産に登録されました。

フランスではノール・パ・ド・カレ、ピカルディー地方に23の鐘楼が登録されています。

11~17世紀の長きにわたって建立された鐘楼はゴシック、ルネサンス、バロック建築の特徴を反映しており、特に市庁舎などに建設されたことから市民社会のシンボルとなりました。

リールの市庁舎、アラスの鐘楼などが知られています。

Related videos

 
 

Sponsored videos