ピカソ美術館

ピカソ美術館 パリ fr

場所は北マレ地区として雑誌などでも紹介されることが多いパリ3区にあります。

30年ぶり、約5年におよぶ大改装を経てパリのピカソ美術館が2014年10月28日より一般公開を再開しました。

収蔵点数は5,000点余り。1973年に亡くなったピカソの遺族が70年台にフランスに寄贈した作品をベースに構成されています。たいへん多作な作家として知られるピカソの中でも、パリピカソ美術館の膨大なコレクションはその規模の点においても重要なものです。内訳は絵画が300点、彫刻は250点、印刷物と版画が3900点など。

建築は17世紀に建てられた「サレ館Hotel Sale」に設けられています。同時期に建てられたヴォー・ル・ヴィコント城と並び称されるほど、豪奢な建物で、<ガベル>塩税の収税吏だったピエール・オベールが建てたものです。ほどなくして塩の館=オテル・サレと呼ばれるようになりました。