フランスの絶景 エトルタ

  • © Etretat Tourisme

  • © Atout France/Fabrice Milochau

  • © Atout France/Jean François Lefebvre

フランスの絶景 エトルタ etretat fr

印象派のモチーフとして有名なノルマンディの名所

フランス北西部ノルマンディ地方、英仏海峡に面したエトルタは断崖で有名な人気の観光地。芸術家たちも素晴らしい風景に魅せられ、ブーダン、クールベ、モネをはじめとする多くの画家がその断崖を作品に残しています。

 

アヴァルの断崖

 文豪モーパッサンが「象の鼻」と呼んだアヴァルの断崖は見逃せない絶景です。光や海の変化にあわせ刻々と変わるその表情は見飽きることがありません。エトルタの針と呼ばれる高さ51mのとがった岩が海面からそびえたつ姿も圧巻です。断崖の上にある散歩道からは、左側にマンヌポルトの巨大なアーチ、中央にエトルタの針、右側にアモンの断崖を見渡すパノラマが楽しめます。

 

アモンの断崖

エトルタの町の右側にあり、石灰岩の白い断崖でが際立つ断崖です。断崖上部は車で訪れることも可能です。

また、この町は怪盗ルパンシリーズを書いたモーリス・ルブランが暮らした町としても知られています。彼が過ごした邸宅は、現在では「アルセーヌ・ルパンの館」として、一般公開されています。内部にはエトルタの崖から構想を得た同シリーズを代表する大ヒット作品、『奇岩城』の模型や、今までルパンが盗んでいたお宝や身に付けていたマントなどを見ることができます。

 

Related videos

 
 

Sponsored videos