凱旋門

  • © CRT_Ile-de-France_Jarry-Tripelon

    © CRT_Ile-de-France_Jarry-Tripelon

  • © CRT_Ile-de-France_G.Targat

    © CRT_Ile-de-France_G.Targat

  • © CRT_ile-de-France_G.Targat_01.01.2019

    © CRT_ile-de-France_G.Targat_01.01.2019

Hearing Impairment
凱旋門 Place Charles de Gaulle 75008 PARIS fr

パノラマで眺めるシャンゼリゼ通りは、世界で一番美しい大通り

1806年、ナポレオン1世が軍の勝利を記念して建設を命じた、高さ49.54m、幅44.82mの門。壁面はナポレオンの戦いや義勇軍の出陣を描いた彫刻で飾られています。

シャンゼリゼ通りのつきあたり、シャルル・ド・ゴール・エトワール広場のロータリーの中心にあり、間近に見るためには、シャンゼリゼから地下道を利用してロータリーをくぐる必要があります。


 資料館では、凱旋門の歴史等を知ることができます。テラスでは、昼夜を問わずシャンゼリゼ通りやラ・デファンス、エトワール地区のパノラマを見渡すことができます。

フランスを代表する建築として、多くのイベントやパレードなどで、その背景となっています。

 

シャンゼリゼ通りを上ったエトワール広場の中央に位置するこの建物は、Arc de Triomphe (勝利の橋)と呼ばれ、フランスの威光を代表しています。 アウステルリッツの戦いに勝利した栄光に輝くナポレオン・ボナパルトは、1806年に、帝国軍に捧げる記念碑を作ることを決意します。その記念碑とは 必然的に、彼の軍事的な天賦の才と古代を表す凱旋門の形をとることになります。ジャン・フランソワ・シャルグランによって古代ローマのティトゥス帝の凱旋門をモデルに建設され、高さは50メートル、234段の階段を上りきると、パリ市内全体が眼下に広がります。 1921年からは、無名戦士が凱旋門の中央に眠り、追悼の炎は毎日午後6時30分に点火され続けています。戦没者を祭っている場所でもあるのです。 あわただしいパリの中心にあって、ビジネスと商業と観光が隣り合わせになったこの地区で、凱旋門は、その建築的および美術的価値を超えて、無意識の集合意識に結びついています。巨大な都市の風景の一部であると同時に、フランスの国民文化の一部なのです。


アクセス

  • メトロ: 1・2・6番線Charles de Gaulle-Étoile
  • RER A: Charles de Gaulle-Étoile

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

カレンダー

見どころ