水上でのバカンス

  • ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    © CRT Midi-Pyrénées D.Viet

  • ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    © CRT Midi-Pyrénées D.Viet

  • ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    © CRT Midi-Pyrénées D.Viet

  • ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    © CRT Midi-Pyrénées D.Viet

  • ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    ミディ・ピレネー地方での水上バカンス

    © OT MOISSAC/M GRANDO

水上でのバカンス Toulouse fr

■世界遺産のミディ運河をボートで
ユネスコの世界遺産に登録されているミディ運河は、17世紀に貨物輸送のために設計された歴史建造物ですが、現在では運河は観光客を乗せて遊覧船が行き来し、かつて船を引く馬が通った運河沿いの側道では、ジョギングや散歩を楽しむ人々で賑わっています。そんな運河を自分が船長になって操縦するボートで優雅にたゆたう・・・。フランス人の心のゆとりを感じさせる水上でのバカンスはフランスでは数多くあるボートレンタルサービスで意外にも簡単に実現出来ます。
ミディ運河のあるミディ・ピレネー地方についてはこちら

■Canalous社の快適ボートでミディ運河の旅
Canalous社は現在フランス国内に27ヶ所のベースを持つレンタル船会社です。各ベースには3~4つの1週間コースや週末コースなどが用意されており、フランス全土では100以上のクルージングコースがあります。ミディ運河は中でもお勧めのコースでこの運河上に5つのベース(カルカッソンヌ、オンプ、コロンビエ、アグド、カルノン)を持っています。
乗船すると、ベースの技術者が船内設備の説明と操船技術、ロック通過の方法の講習を行うために乗船して来ます。
技術者は通常2ヶ国語か3ヶ国語を話します。技術者の操船に従って実際に操船してみます。低速ですので操船はとても簡単です。レバーを前・後(前進・後進)に倒し、舵輪を左右にゆっくりまわすだけです。最初の幾つかのロックを少々慎重に越せば、初心者でも見る間に上達しますが、自分での操船が不安な方には代わりに操船してくれるスキッパー(操船者)を1日単位で手配してくれます。
船上講習に続き、設備の説明を受け、キッチン、シャワー、冷蔵庫などの取り扱い、貯水タンクの給水口や燃料の給油口の場所、土手に舫うときに使う杭やそれを打ち込む槌の置き場所などを了解して出港です。
レンタルボートはフランスでは、法律で15m以下のボートでエンジン出力が船の長さに比例したある割合を越さなければその操縦に免許は必要としませんので、18歳以上であれば免許不要です。
レンタルボートはまさに水上の動くコンドミニアム。Canalous社のボートであれば蛇口から出るお湯と水、シャワー、トイレ、キッチン、エアコンなど最低限の快適な居住空間が約束されています。朝市で買った食材で料理をしたり、ミシュランガイドのレストランで食事をしたり。ワイン、郷土料理、世界遺産を楽しみながらの水上旅行を楽しみましょう。

出港日は原則月曜、金曜、土曜のいずれかです(乗船は16時~18時)。帰港日は月曜、金曜、土曜の8時から9時の間(例:1週間の旅とは土曜の16時から翌土曜の9時までの7泊8日)です。貸し出し期間は通常1週間か2週間ですが、より長期のレンタルも対応してくれます。
より詳しくはこちらのサイトを