今年は午年!ノルマンディーで乗馬はいかが?

  • © Patrick Forget

  • © J.E. RUBIO

  • © Thierry HOUYEL

  • © G.WAIT

  • © Vudoiseau

  • 馬術選手権の公式ゆるキャラ「ノルマン」くん

    馬術選手権の公式ゆるキャラ「ノルマン」くん

    © Comité d'Organisation Normandie 2014

今年は午年!ノルマンディーで乗馬はいかが? Normandie fr

●馬に乗ってモン・サン・ミッシェルへ

西洋の驚異と称されるモン・サン・ミッシェル、美しい風景、類まれな歴史・文化遺産、自然、海、歴史、人の温もり・・・ノルマンディー地方には魅力が一杯。その中でも忘れてはいけないのがノルマンディー産の優雅な馬たちです。何と千年以上も前からこの地では馬の飼育がおこなわれており、2箇所の国立種馬飼育場(Le Haras dy PinとLe Haras Saint-Lo)やドーヴィル、カーン、ルーアン、アランソンなどでの数多くの競馬イベントが開催されています。牧歌的で目の覚めるような風景の中、155キロ~210キロの道のりを馬で散歩するコースはこの地で一度は試したいもの。
その中でも大人気の世界遺産モン・サン・ミッシェル修道院をのぞむ乗馬散歩コースの所要時間は約1時間から数日に及ぶものまで。自分の乗馬レベルに合わせて選ぶ事が出来ます。モン・サン・ミッシェルのある湾内を国家資格を保持している乗馬インストラクターと一緒に馬で巡り、野鳥の観察で有名な湿地帯、石造りの可愛らしい村サン・レオナール、モン・サン・ミッシェルの絶景ポイント「ラ・ロッシュ・トラン」にも寄り道出来ます。ここは海嘯(満潮時に河口で起こる高波)も眺められる場所。自然の驚異を存分に感じられる乗馬コースはもうすぐベストシーズンを迎えます!
詳細はこちら


●ノルマンディー地方発のゆるキャラ「ノルマン」くんと馬仲間3頭

2014年8/23(金)~9/7(土)にノルマンディー地方で開催される世界馬術選手権(Les Jeux Equestres Mondiaux FEI Alltech 2014)公式マスコットとして馬の「ノルマン」くんが誕生しました。ノルマンくんの馬仲間は三頭!チアリーダー「ポンポメット」ちゃん、人生快楽主義の「フーフィー」くん、そして正統派スポーツマンの「ギャロピー」くん。それぞれに個性があります。
例えば「ポンポメット」ちゃんのプロフィール。常に明るい性格でビューティークイーンの称号も持つ彼女はお気に入りの騎手がパドックに入ったとき、蹄でラブサインを送るのがポイントだとか。さらに、試合参加者全ての為にダンスで盛り上げる事が好きだ、との特徴も。フランスではまだ珍しい部類のゆるキャラの活躍に期待が高まります。
世界馬術選手権は4年ごとに開かれる馬術選手権で、ショージャンプ、障害物競走、軽乗競技、ドレサージュなど8つの競技を競い、チャンピオンを決するもの。競技は主にカンCaenの競技場で行われますが、耐久レースのみアラ・デュ・パンHaras du Pinが出発地となります。森や牧草地を抜け、モン・サン・ミッシェル湾の沿岸まで総距離160kmのルートで競われるレースです。
世界乗馬選手権公式サイトはこちら
ノルマンディー地方観光局公式サイトはこちら

Related videos

 
 

Sponsored videos