ヴェルサイユ宮殿へようこそ

  • Chambre de Madame Victoire

    Chambre de Madame Victoire

    © EPV

  • © OT Versailles

  • Le grand cabinet de Madame Adelaide

    Le grand cabinet de Madame Adelaide

    © EPV

  • © OT Versailles

  • © OT Versailles

ヴェルサイユ宮殿へようこそ Place d'Armes 78000 fr

800ヘクタールの広大な敷地にある3つの宮殿、すなわちヴェルサイユ宮殿、トリアノンとマリー・アントワネット王妃の領地。ヴェルサイユ宮殿の全体像は木立ちや数十体の傑作の彫像などがある、ヨーロッパでも例を見ない屋根のない美術館です。何度訪れても新しい発見に満ちた場所である為に、ヴェルサイユ宮殿は常に3Dを使った所蔵作品の新しい見せ方やマリー・アントワネットの金箔で飾られたサロンなど新しい場所を公開しています。

●王女たちの居室
2013年4月25日よりルイ15世の娘たちの「王女たちの居室(Appartements de mesdames)」が再公開されました。1752年からルイ15世の娘たちの6人部屋であったこの場所を訪れると当時の宮廷の生活や、王太子妃たちが図書室との間を行き来したり、腰かけていたりしていた様子がわかります。6人の王女たちのうち未婚だったアデレードとヴィクトワールの二人はフランス革命までここで暮らしました。
宮殿中央の地上階(北側)にあるこの居室は、ドーファン(王太子)とドーフィンヌ(王太子妃)の居室と「下のギャラリー」を挟んでちょうど対称を成すように位置しており、かつてヴェルサイユ宮殿でも王の居室群に次いでもっとも美しいとされました。王家ゆかりの家具調度や椅子、装身具として使われていた芸術的オブジェなどがかつてのように設えられています。ポンパドゥール夫人が依頼した大理石の暖炉、インドの王子に送られるはずだった天地創造を表す素晴らしい振り子時計、王女たちの紋章の入った製本など、どれもヴェルサイユの収蔵庫から日の目を見ることになった真の宝と呼ぶにふさわしい物ばかり。王女たちの贅を尽くした宮殿の生活を思い起させるばかりでなく、王女たちの芸術、読書、とりわけ音楽への好みをよく伝えています。

ヴェルサイユ宮殿(Château de Versailles)
住所
Place d'Armes - 78000 Versailles
アクセス
最寄駅はヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅 (Versailles Rive Gauche)
オープン時間
4月~10月 9:00~最終入館18:00(庭園は毎日開園8時~20時30分)
11月~3月 9:00~最終入館17:00(庭園は毎日開園8時~18時00分)
休み
月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

ヴェルサイユ宮殿の公式ウェブサイトはこちら

Related videos

 
 

Sponsored videos