ムーラン・ルージュLe Moulin Rouge®

ムーラン・ルージュLe Moulin Rouge® 75018 PARIS fr

ムーランの熱狂!

パリ、ピガールのムーラン・ルージュは19世紀末、華やかな文化と芸術が花開いた時代の中で産声をあげました。ムーラン・ルージュの誕生は、パリのキャバレーとそこで演じられたフレンチ・カンカンのコンセプト、そのものなのです。このキャバレーは当時、軽薄さや反順応主義が蔓延していたモンマルトル界隈の中心で、階級を越えた人々の間で強い絆をもたらしたのです。

当時の最も偉大な数々のミュージック・ホールのスターたちが、このキャバレーの舞台に立ちました。中でもミスタンゲットは1907年、ムーラン・ルージュでデビュー。その後輝かしいキャリアを重ねムーラン・ルージュは最盛期を迎えます。ジャン・ギャバンもまた、ここで初舞台を踏んだのでした。

その後、シャルル・トレネ、シャルル・アズナブール、リーヌ・ルノー、ブルヴィル、ロジェ・ピエールとジャン・マルク・ティボー、フェルナン・レイノーといった様々なアーティストが、ムーラン・ルージュの舞台に立ち、また新旧10作近い映画が製作されました。

80人のアーティストからなる一団によって、12回繰り広げられる夢のショー。羽飾り、フロス、スパンコールで飾られた1,000着もの衣装、華麗なデコレーションと音楽による壮大なスペクタクルに、毎年60万人もの観客が足を運びます。

見どころ

見どころ