アルザスのワインを発見

  • © CIVA/Quad

  • © CIVA/Hect

アルザスのワインを発見 67140 BARR fr

アルザスのブドウ畑を発見する7つの鍵 -ブドウ品種-

緑の生い茂るヴォージュ山脈には神秘的な中世の城館が佇み、その山麓にはアルザスワインを産出する美しい村々が広がっています。アルザスワイン街道は、アルザス地方を北から南へ、近隣のブドウ畑を縫うように全長170km以上にわたって続いています。街道沿いには、ブドウ畑だけでなくヴィンシュタブと呼ばれるアルザスならではのワイン居酒屋、セラーが軒を連ねており、独特の街並みが訪れる人を魅了しています。

アルザスワインを理解する、とっておきの鍵は7種のブドウ品種。というのも、フランスワインには通常、地域名や細かい地区名がボトルに記載されているのに対して、アルザスワインには品種名が記載されているからです。アルザスワインに使われる主なブドウ品種は、リースリング、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、ミュスカ・ダルザス、シルヴァネール、ゲヴュルツトラミネールの7種類。アルザスのワイン産地は観光ガイド・ロンリー・プラネット2010年度版で、「是非訪れたい世界のワイン産地ベスト10」にランクインしています。

  1. 喉が潤うすっきりとした辛口シルヴァネール種の発見は、大きな荷物がなく、フットワークの良いサイクリング観光がお勧めです。ワイン街道沿いを自転車で周ってみましょう。
  2. ドイツ語で香辛料を意味し、その名の通り、非常にふくよかな香りが印象的なゲヴュルツトラミネール種は、祭りやお祝い事の際に良く選ばれるワインを産出します。アルザスワイン生産の中心地キエンツハイムには、サン・テティエンヌ・ワイン生産者組合が入るキエンツハイム城があり、内部はアルザスワイン&ブドウ畑博物館となっています。
  3. 非常に香りの良いミュスカ種の発見なら、「ワイン産地と発見」ラベル認定を受けている2つのデスティネーション(アルザスの中心部le Cœur d’Alsace、コルマールの土壌とワイン産地Terre & Vins au Pays de Colmar)を周るのがお勧めです。
  4. 繊細な芳香と、優美で上品な果実味が特徴のリースリング種は、白ワイン用のブドウ品種としては世界でも最高峰に選ばれています。典型的なアルザス料理と合わせて楽しみたいワインです。
  5. 新鮮な果実味があり、しなやかで優しい味わいのピノ・ブラン種の発見なら、オリジナルなワイン観光アイティナリー「ランド・バッキュス」を利用するとよいでしょう。カイゼルスベルグの谷に広がるブドウ畑を4日間かけて周ります。
  6. 風味に富み、まろやかであると同時に力強い白ワインを生むピノ・グリ種なら、友達同士で気軽に味わうのがお勧め。ストラスブールの大聖堂を見学した後に味わってみてはいかがですか。
  7. 中世期には最高の地位を占める名高い品種で、今でも極上の白ワインでしられるピノ・ノワール種を味わいたいなら、アルザス各地で夏に開催されるワイン祭りに参加するのがお勧めです。

必ず訪れたい場所

  • ユネスコ世界遺産に登録されたストラスブールの旧市街グラン・ディル
  • アルザス地方にある美しい村:リクヴィール)、リボーヴィレ、オベルネ、エギスアイム&アンスパック、ミッテルベルカイム、コルマールと旧市街プティット・ヴニーズ
  • 歴史的建造物: オー・クニクスブール城、ストトラスブールのノートル・ダム大聖堂..
  • アルザス全土で開催される50以上のワイン祭

他ではできないオリジナルな体験

ランド・バッキュスRando' Bacchus

アルザス地方で名ワインを産出するブドウ畑を訪れるエクスカーション。土壌の見学やワインのテイスティング、美術館の訪問をします。

オリゾン・アルザス社Horizons Alsace
Tel.: +33 (0)3 89 78 35 20 begin_of_the_skype_highlighting            +33 (0)3 89 78 35 20      
end_of_the_skype_highlighting

「ワイン産地と発見」の認定を受けた観光デスティネーション

「ワイン産地と発見」に認定されたワイン生産地区は、さまざまなサービスが保証され、受け入れ施設が整備されて、観光がしやすくなっており、週末旅行や短期滞在をよりスムーズに進めることができます。 アルザス地方では以下の2つのアイティナリーが「ワイン産地と発見」の認定を受けています。:

Additional resources

見どころ

見どころ