ヴィアローナサイクリングロード (ViaRhona)

  • © RA Tourisme/M. Rougy

  • © RA Tourisme/M. Rougy

  • © RA Tourisme/M. Rougy

ヴィアローナサイクリングロード (ViaRhona) lyon fr

レマン湖から地中海まで続くローヌ川沿いの緑豊かなサイクリングロード

 

ローヌ川はレマン湖から地中海まで、ローヌ・アルプ地方、プロヴァンス地方、ラングドック・ルシヨン地方の3つの地方、12の県を通過しつつ、700キロにわたってローヌ渓谷を流れる大河。

ローヌ川沿いに造られたヴィアローナはサイクリング専用ロードで、全体の65パーセントがローヌ川公社CNRの管轄地域、35パーセントが一般道沿いとなっています。ヴィアローナのおかげで沿岸の住民も観光客も気軽に川沿いに広がる豊かな自然に親しむことができるほか、周辺地域の史跡観光や、クルーズやワイン、グルメなどさまざまな形の遊覧を楽しむことが可能です。

 

ローヌ・アルプ地方内を通過する440キロのうち273キロがすでに整備を終了しています。

「環境に優しい乗り物」を対象に整備されたロードは、大人も子供も、歩行者も障害を持った方も、どなたでもそれぞれのリズムでローヌ川沿いの散策を楽しむことができます。

サヴォワ地方のブドウ畑、リヨン中心街を流れるローヌの河岸、アン県グロスレ市Grosleeでは木々が生い茂る岸辺、ローヌ県ではリヨン近郊のメリベル・ジョナジュMiribel-Jonage公園にあるビーチ、ロワール県ではサン・ピエール・ド・ブフ村Saint-Pierre-de-Boeufにあるネーチャーアクティビティの拠点、ドローム県ではサン・ヴィリエ城chateau de Saint-Vallier など、見どころには事欠きません。変化に富んだ豊かな風景を堪能しましょう。

ヴィアローナを利用することにより、クルーズや各種ウォータースポーツ、文化的なアクティビティ、あるいはローカルのワイン観光やグリーンツーリズムなど、さまざまな形態の観光へと旅の選択肢が広がります。

 

また、環境保全への取り組みに積極的なローヌ・アルプ地方と、ローヌ川が流れる地域の開発を担うローヌ川公社にとって、最優先事項に挙げられるのがヴィアローナ・サイクリングロードの開発プロジェクトです。

環境に優しい乗り物の利用を促進するだけではなく、ヴィアローナはフランス随一の大河と地元の人々の結びつきを深めてくれるからです。

ローヌ川添いには独特の文化が芽生え、それは地域全体の文化と繋がっています。数多くある支流、川沿いに生息する多様な動植物、水門、そして大規模な川の氾濫でさえも、地元の人々が共有する文化なのです。川沿いを行けば、多くの美術館や史跡を訪れることもできます。

多くの自治体との協力に基づいて進められているヴィアローナはまさに地域に密着したプロジェクトと言えるでしょう。

 

数字で見るプロジェクト

  • レマン湖から地中海まで全長700キロメートル
  • 55の観光局、118の自治体を通過
  • ローヌ・アルプ地方では440キロのうち273キロが整備終了、2013年以降に47キロを整備、2017年以降も整備工事継続。
  • 工事終了の見通しは2020年
  • プロヴァンス地方およびラングドック・ルシヨン地方でも整備工事開始

 

 

 

ここでは、リヨン周辺のヴィアローナのコースをご紹介します。

 

コース1.ジョン Jons ~ リヨン Lyon 

コース2. サン・ロマン・アン・ガルSaint-Romain-en-Gal ~ サブロンSablons

コース3. サバロン Sablons ~ タン・レルミタージュ Tain-l’Hermitage

コース4. タン・エルミタージュTain-l’Hermitage~ヴァランスValence

 

 

Related videos

 
 

Sponsored videos