バスティアでRendez-vous

  • © ATOUT FRANCE/R-Cast

バスティアでRendez-vous bastia fr

地中海コルシカ島のアートと歴史の街、バスティアへようこそ

キャップコルスと呼ばれるコルシカ島北端に突き出た半島の付け根に位置するバスティアは、オート・コルス県(Haute-Corse)の県庁所在地。コルシカ島がジェノヴァ共和国の統治下にあった時代には首都であった。

島内ではもっとも人口の多い街で、旧港周辺にはイタリア風の建物が建ち並ぶ。コルシカ民族博物館や城塞など見どころも多い。

街はバロック宗教の史跡が残り、小道には中世の香りが溢れる。夏には歴史的なお祭りや、コルシカンポリフォニーや、ジャズ、クラシックなどの音楽イベントで盛り上がる。

アクセス
空路/パリから約1時間30分
鉄道/アジャクシオから約3時間30分

 

主なみどころ

■テラ・ヴェキア地区 TERRA-VECCHIA

狭い路地が入り組んだ旧市街。漁港でもありヨットハーバーでもある旧港付近やサン・ジャン・バチスト教会周辺にはカフェやレストランが多く、観光客でにぎわう。

 

■テラ・ノヴァ地区 TERRA-NOVA

旧港の南側。ジェノヴァ人が15~17世紀に築いた城壁があり、18世紀になってつくられた門からはいると、ドンジョン広場に出る。城塞内部には同じく
15~18世紀につくられたジェノバ人歴代の旧総督の邸宅もある。現在は博物館となっており、旧港と海の眺めがすばらしい。

Additional resources