モン・サン・ミッシェル

  • © Sabina Lorkin - Anibas Photography

  • © Sabina Lorkin - Anibas Photography

  • © Atout France

  • © Centre des monuments nationaux. M. Rappillard

モン・サン・ミッシェル mont saint michel fr

フランスでもっとも有名な巡礼地、世界遺産

「西洋の驚異」とも呼ばれるモン・サン・ミッシェル。島全体が修道院になったような神秘的な名所は、今や世界有数の巡礼地で、最も有名な世界遺産。満潮時には陸と完全に切り離されて孤立するため、ある時は修道院、ある時は監獄にと、歴史の中で様々なドラマを生み出しました。潮の満ち引きで変わる神秘的な美しさは今も変わらず、地続きだった浜辺に瞬く間に潮が満ちていく様子は圧巻です。

 

干潮時に裸足で砂浜を渡り、修道院テラスから満潮の景色を見渡す貴重な体験!

あくまでもガイドが引率することが条件ですが、干潮時にモン・サン・ミッシェルまで歩いて渡ることができます。神秘の世界遺産まで歩いて渡れるなんてなかなかできないレア体験! 足の裏に残るひんやりした感覚は忘れられないものになるでしょう。

また潮が満ちるときには、まさに「馬が駆けてくるような速さで」島を取り囲みます。このスペクタクルを、ぜひ修道院テラスの特等席から眺めて下さい!


世界的にその価値を認められたモン・サン・ミッシェルは1979年、ユネスコ世界遺産に登録され、毎年300万人もの観光客や巡礼者が訪れる、フランス国内最大の観光メッカとなっています。 

 


リンク:モンサンミッシェルだけじゃない、北西フランス ノルマンディ地方のさまざまな魅力

 

 

修道院

708年10月のある夜、司教であったオベールの前に大天使ミカエルが現われて、修道院を建てるよう告げたことから、モン・サン・ミッシェルの長い歴史が始まりました。修道院が頂上にそびえる島内は、木組みの家々、塔、城壁や石畳の路地といった中世の面影を残しています。ヴィクトル・ユゴーやモーパッサンらが讃えた修道院は、8世紀はじめにベネディクト派の僧院として設立され、以来増築を繰り返した様子が見学できます。フランス革命の際には刑務所として利用されたこともある。1874年にフランスの歴史的記念建造物に指定されました。

 

アクセス

鉄道とバス :パリ モンパルナス駅からTGVでレンヌまで約2時間。レンヌ駅北口より約50メートルのところにあるバスターミナルから直通バスを利用

 

Related videos

 
 

Sponsored videos