ヴォ―クリューズでRendez-vous

  • アヴィニオンの夜景

    アヴィニオンの夜景

    © Campomar Ville d'Avignon

  • ヴァントゥー山とラベンダー畑

    ヴァントゥー山とラベンダー畑

    © Philippe Guigon ADT84

  • 鷲の巣村ゴルド(リュベロン)

    鷲の巣村ゴルド(リュベロン)

    © VBiset ADT84

  • ルシヨンの黄土

    ルシヨンの黄土

    © VBiset ADT84

  • モンミライユ山脈のワイナリー

    モンミライユ山脈のワイナリー

    © PBar ADT84

  • オランジュの古代ローマ劇場の遺跡

    オランジュの古代ローマ劇場の遺跡

    © Grommelle Grand Angles

  • リル・シュル・ラ・ソルグの蚤の市

    リル・シュル・ラ・ソルグの蚤の市

    © AHocquel ADT84

  • アヴィニョン演劇祭

    アヴィニョン演劇祭

    © Campomar Ville d'Avignon

ヴォ―クリューズでRendez-vous 12 rue Collège de la Croix 84000 Avignon fr

ヴォ―クリューズ県、それはまさにプロヴァンスのエッセンスにあふれた地域。数々の鷲の巣村やラベンダー畑があるほか、リュベロン山脈、ヴァントゥー山といった自然に恵まれ、中心地はユネスコの世界遺産にも登録されているアヴィニョンです。さまざまなフェスティバルが開催され、色彩に溢れたマルシェが立ち、さらに美味しいオリーブオイルとワインの里でもあります。

長い日照時間に恵まれ、歴史ある史跡も多く、サイクリングが最高の手つかずの自然が残り、伝統ある祭りが開催されるヴォ―クリューズ県はプロヴァンス地方内にある王国とも言えます。プロヴァンスのコロラドとも呼ばれる壮大な風景、オランジュにある古代ローマ劇場の遺跡、美しい町ヴェゾン・ラ・ロメーヌ、アヴィニョン演劇祭、美味しいワインを産出するワイン産地シャトーヌフ・デュ・パプ、トリュフ…。このようにヴォ―クリューズには世界に知られた特産品や文化イベント、名所旧跡がたくさんあります。

コントラストに溢れた地方

ヴォ―クリューズ県はプロヴァンス地方の中核を成す県であり、太陽と青い空に恵まれ、真夏でもさわやかな水とすがすがしい空気が心地よいところです。ブドウ畑や果樹園となっている平原をリュベロン山脈やヴァントゥー山、モンミライユ山脈が囲み、県庁所在地のアヴィニョン周辺にはヴェゾン・ラ・ロメーヌ、オランジュ、アプト、リル・シュル・ラ・ソルグなどの町や、多くの鷲の巣村があります。

屋根のないミュージアム

ヴォ―クリューズ県は波乱に富んだ特異な歴史の舞台となったおかげで独特な個性を持つ県となりました。ヴォ―クリューズを自国のように居心地よく感じた古代ローマ人は多くの劇場を造り、ヨーロッパでも最も保存状態のよい古代劇場として今でも県内にいくつも残っています。中世にはアヴィニョンにローマ法王庁が移されてきました。法王たちは法王庁を建設し、ユダヤ人の居住を受け入れ、ブドウを植えました。領主たちは城を建て、庭園やテラスを造って快適な生活を楽しみました。このような歴史の積み重ねがアヴィニョンやオランジュのユネスコ世界遺産登録につながっていったのです。

家族で楽しむヴァカンス

ヴォ―クリューズ県は海に面してこそいませんが、地中海までわずか1時間で行くことができ、家族で楽しめるアクティビティーにも事欠きません。サイクリングロードは33コースもあるほか、ソルグ川をカヌーやカヤックで下ったり、リュベロン山脈やモンミライユ山脈で山登りを楽むことができます。更に、ハイキングや洞窟探検、森の中を行く散策から料理教室、陶芸教室、昆虫観察、天体観察、サーカス入門、古城で開催されるオリエンテーリングゲーム、美術館・博物館見学など家族で遊べる楽しみがいっぱい。

観光パス「Le Pass Avignon PASS'ION」を使ってアヴィニョン観光

観光局で無料でもらえるこのパスは、美術館や博物館、観光地で割引きが受けられるお得なカードです。

最初に訪れた観光地では通常料金で入場料を払います。2ヵ所目以降の観光地では20%から50%の割引きを受けるころができます。15日間有効。1枚で家族5人まで、キャンペーンに参加している観光地・美術館・博物館・史跡などで使えます。

常に祭りが行われている土地ヴォ―クリューズ

いくつものフェスティバルや祭りが行われているヴォ―クリューズ県ですが、その中でも最も知名度が高いのがアヴィニョン演劇祭でしょう。この期間、法王庁は現代創作演劇のるつぼと化します。オランジュの町では毎年夏に野外オペラ祭が開催され、ラコストの城ではファッションデザイナーのピエール・カルダンが始めたオペラと演劇のラコストフェスティバルが、ヴェゾン・ラ・ロメーヌではダンスのフェスティバルが開かれています。そのほか、町や村で開かれる伝統的な祭りやヴォ―クリューズの特産品が楽しめる祭りなど、次から次へとさまざまなイベントが開催されます。ヴォ―クリューズに来ればあらゆる芸術に触れることができますし、もちろん夏に限ったことではありません!

南フランスならではの特産品

ヴォ―クリューズは「フランスの畑」。カルパントラで採れるイチゴ、カヴァイヨンのメロン、アンクラーヴのトリュフ、ローリのアスパラガス、ヴナスクのサクランボ、ソーの子羊、ピオランクのニンニク、オリーブ、ブドウのミュスカ・ド・ヴァントゥー……。食いしん坊が喜ぶ美味しいものがたくさん採れることで知られています。タイム、ローズマリー、きだちはっか、バジル、セージなどのハーブも、プロヴァンス料理には欠かせない食材です。

ヴォ―クリューズでは野菜を気取った付け合わせなどにはしません。季節の新鮮な野菜をアンチョビのドレッシングをかけたサラダでいただくのがアンショワードと呼ばれる料理。茹で野菜にして、ニンニク風味のマヨネーズのアイオリをつけてシンプルに食べるのも美味しいものです。

地元の気軽に入れるビストロでも、伝統料理が食べられるフレンチレストラン、農家がやっているオーベルジュ、ミシュランの星がついた高級フレンチレストランでも、シェフたちが大切にしているのは、創造力とそして何よりも地元の食材。

ヴォ―クリューズでは地元の食材を扱うマルシェがあちらこちら開かれます。彩り豊かな食材が並べられ、いい匂いが漂い、あちらこちらから「いらっしゃい!」という声がかかる親しみやすいマルシェに是非行ってみましょう!

ヴォ―クリューズは世界に知られるワインを産出していて、ワインは特産品の筆頭に挙げられます。コート・デュ・ローヌ、ヴァントゥー(AOC原産地統制呼称ワイン)、リュベロン(AOC原産地統制呼称ワイン)など香りとアロマが豊かなクリュはいかが。シャトーヌフ・デュ・パプは世界的に知名度が高い産地で、村人の過半数がワインを造っています。

 

お問い合わせ

Vaucluse en Provence

12 rue Collège de la
Croix

84008 Avignon Cedex 1

Tél.: 00 (33)4 90 80 47
00

 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ