イエール

  • © Office de Tourisme d’Hyères

  • © Y.Kadono

  • © Office de Tourisme d’Hyères

  • © Office de Tourisme d’Hyères

  • © Y.Kadono ポルクロル島

イエール 83400 Hyères fr

国立公園の島々と歴史ある中世の町並み、海と空が交わる場所

フランスのプロヴァンス最南端に位置するイエールは美しい海や景色、国立公園、ぺラゴス保護海域などがある事で知られる広域に広がる温暖な町です。
黄金の島々と呼ばれるイエール諸島(ポルクロル島、ポルクロ島、ルヴォン島)、27000ヘクタールにも及ぶ港やマリーナ、100kmに渡る海岸線には砂浜や、とっておきの美しいカロンク(入り江)が交互に存在しフランス文化省《注目すべき庭》に指定された4つの庭園と歴史的建造物が沢山残る中世の町並みなど、イエールには色んな魅力があることから年間を通して南仏らしくのんびりと過ごしたり、また文化散策やスポーツといった皆様のご要望にあったアクティビティを気軽に楽しむことができます。

2400年の歴史を巡る
イエールの町では歴史や建物によって築き上げられてきた、それぞれの時代の足跡をご覧いただけます。紀元前4世紀に古代ギリシャの地中海貿易の窓口として、海沿いに栄えた古代都市の名残り、海側に現在も残るオルビア遺跡群。領主一族のフォス氏により11世紀に建てられた強固な要塞と町を囲む城壁が石畳の旧市街を見下ろします。サンポール教会の400もの奉納額のコレクション。19世紀の豪華な趣の邸宅や、庭園群、豪華なホテルが1892年のヴィクトリア女王の滞在を思い起こさせます。20世紀の前衛芸術や美術を擁護した子爵の邸宅ヴィラノアイユなども見所です。

類稀な大自然の宝庫
イエールの町は海と空が交わる様な美しい場所ジアン半島の方角、南に広がり、半島には現在では250種類以上もの渡り鳥や定住する鳥の保護地区となっている塩田跡湿地帯があります。町には国立公園ポルクロ島を含む黄金の島々があり自然が保護され、人が多過ぎない夏の観光シーズン以外が特に美しいです。フランス文化省指定4つの《注目すべき庭》や異国情緒溢れる植物などが本物の自然美を発見させてくれます。自然、動植物の色んな面を観察できるようにイエール半島や島々には散歩道や遊歩道があります。

豊富なアクテビティーに参加し自然を満喫
自転車やマリンスポーツの国際イベントの開催地です。またイエールでは一年を通してプロやレベルの高いアマチュア、初心者の人達それぞれのご要望にあったアクテビティーを提案します。ぺラゴス保護海域でのクジラウォッチングツアー、海水浴、カヤック、ハイキング、乗馬、シュノーケリング、サイクリング、自転車観光など。

主なみどころ

■Tour des Templiers トンプリエの塔 (歴史的建造物 ・中世 )
12世紀に建てられたテンプル騎士団の礼拝堂です。騎士団の兵隊たちはソヴボンヌの谷に広大な農業地を営みました。現在この建物は芸術家たちの作品の展覧会場所としても使われています。 時間月、火、祭日が休み 10時~12時/14時~17時30分

■Castel Sainte Claire サント クレア城 (19世紀 )
1849年にオリビエ ブティエ氏がクラリス修道院の跡に建てた家です。ブティエ氏は芸術に造詣が深く、ギリシャに滞在中にミロのヴィーナスを発見した人物だという事でも有名です。1920年から1937年まで作家のエディス ワートンが毎年冬をここで過ごした事でも知られます。敷地内の庭園は、注目すべき庭というマークを獲得しています。現在はポルクロ国立公園の事務局で建物の中には入れません。

■Le château お城 (歴史的建造物 ・中世 )
11世紀に領主フォス氏により領土の監視と防衛の面でも有利な丘の上、そそり立つ岩場に建てられた城で、何世紀にも渡り改築などが行われました。この城跡は、13世紀の軍事的拠点も兼ねた城建築の構造を知る上で、貴重な遺跡です。1596年、ヘンリー4世の命令によりお城の一部が壊され、1620年にもルイ13世の統治下においても壊されています。

美術館
■ヴィラ ノアイユ
ガブリエル ゲブレキアンのキュービズムの庭があるヴィラノアイユは1920年代に建築家ロベルトマレ スティーブン氏により、シャルルとマリーロー ノアイユ夫妻のために建てられたモダン建築のさきがけです。またコクトー、ピカソ、マン レイやジャコメッティなどの作品が見られます。現在はクリエイティブな人や物が集う場(写真、モード、建築、デザイン)、エクスポジションの開催地となっています。ヴィラでは毎年4月末にモードと写真の国際フェスティバル、7月にはデザイン フェスティバルが開催されます。敷地内ヴィラのすぐ足元に広がるサンベルナルド公園はフランス文化省《注目すべき庭》に指定されています。
時間 7・8月 火曜日と祭日休み 14時~19時 金曜日は16時から22時
夏以外 月、火と祭日が休み 13時~18時 金曜日は15時~20時
電話 フランス 33(0)4 98 08 01 98
http://www.villanoailles-hyeres.com/fr/actualites

町には数多くの庭があり、その美しさを競っています。イエールにはフランス文化省指定の《注目すべき庭》が4つあります。その中のひとつオルビスリキエ公園をご紹介。

■オルビウス リキエ公園
1868年にオルビウス イッポリト アントワン リキエ氏からイエールの町に寄贈されました。パリの動植物公園と提携庭園です。みんなが楽しめる無料の公園です。芝生、湖、温室、動物園、子供たちの遊べる屋外遊戯場、ポニー乗り場、小さな電車、軽食所があります。珍しい種類の様々な椰子の木々、竹、オーストラリア原産の植物、沢山の美しい植物を所有する動植物園です。
オープン時間 7時30分から日没まで

■2つの塩田湿地帯  ペスキエ塩田と古い塩田
塩は常に私たち人間にとって大切な要素、そして戦略、政治、経済、慣習などにとっても重要でした。ジアン半島に位置する550ヘクタールもの敷地面積のペスキエ塩田湿地帯は野生地区、自然が優先の場所として残っています。海と淡水の湿地帯はラムサール条約登録湿地帯《国際的に重要な湿地帯》となっており、270種以上もの鳥が生息。渡り鳥や定住した鳥などの宝庫で沢山のフラミンゴが住んでいます。イエール南東にある350ヘクタールの古い塩田湿地帯には600メートルの遊歩道が塩田中心まで伸び、散歩とサイクリングを楽しめるようになっております。自然広場という施設にあり、イエールの塩田で見られる植物や鳥、どのように塩田が運営されているかなどを写真と説明文で詳しく紹介しています。観光局でガイドつき塩田ツアーが申し込めます。
時間 ペスキエ塩田はガイドつきツアーに参加時のみは入れます。
古い塩田は水曜日から日曜日まで。1月から3月/11月から12月/9時半~12時と14時~16時半
4月から6月/9月と10月/9時~12時/14時~17時半
7月8月/9時~12時/16時~20時まで

Porquerolles ポルクロル島

イエールの東西7km、南北2、5km、2500年の歴史ある島です。ポルクロル島は黄金の島々の中で1番観光客が訪れる島です。オフシーズンがより一層自然を満喫できます。上り下りの散歩道を行くと荘厳な景色や手付かずの自然が目の前に広がるスポットが沢山あります。エメラルドグリーンの海、美しい入り江、砂浜、ブドウ畑、果樹園、森などがあり、自然遺産をご覧いただけます。夏は混雑する時間帯のフェリー乗船は避けた方が良いでしょう。前もってTLVフェリーサイト内の時刻表にて時間帯の確認をお薦めします。

文化

国際的な文化イベントの開催地
デザインパレード8 は2013年7月5日から7日まで、デザインパレードの作品展示は9月29にちまでヴィラノアイユに有名なプロまたはアマチュアのデザイナー、クリエイター、一般の人たちが集結し、第8回デザインパレードが開催されます。プログラムは若手デザイナー向け国際コンクール、展覧会、プロとの出会い、参加型アトリエ、過去そしてこれからの未来のデザインについての講演などです。
ヴィラノアイユでは2013年4月26日から29日まで国際モードと写真のフェスティバルも開催され若手クリエイターたちがコンクールで才能と技術を競います。2012年度は山本ヨウジさんが審査員長を勤めました。
http://www.villanoailles-hyeres.com/fr/actualites

家族向け
10月・11月 アルマナ グランプリ
10月末から11月にかけてジアン半島に吹く風と南仏の太陽の下、ヨーロッパがその技術を誇るスポーツのひとつ、ウィンドサーフィンの国際大会が開催され、色んな国のウィンドサーファーが集まります。冷たい水の上ですがアマチュアやシニア層など年齢層豊かにフリースタイルのfunboard、ウィンドサーフィンやカイトサーフィンを海の上で華麗に競います。

アクセス

空路: パリからトゥーロン・イエール空港まで1時間20分
鉄道: パリ/リヨン駅よりTGVでイエール駅まで4時間半

イエール観光局  Office de Tourisme d’Hyères
La Rotonde du Park Hôtel
Avenue de Belgique
83400 Hyères France
Tel : 04 94 01 84 41 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ