国立ピカソ美術館

国立ピカソ美術館 ヴァロリス fr

16世紀に再建されたヴァロリス城はもともとはレランス諸島の僧侶によって修道院として作られた建物で、現在では城の中に国立ピカソ美術館、陶器美術館、アルベルト・マニェリ美術館の3つの美術館が入っています。なかでも城内の礼拝堂には世界的に有名なピカソの傑作「戦争」と「平和」が展示されています。教会で行われた70歳の誕生日の返礼として製作されたもので、2つで対になった巨大な作品。ドームになっている礼拝堂の壁の向かって左が「戦争」、右が「平和」を象徴しています。突き当たりの壁に描かれているのは、世界各国の平和共存です。

住所:
Place de la Libération

開館時間:
10:00~12:00/14:00~17:00(6月~9月は18:00まで)

休館日:
火曜