ルノワール美術館

ルノワール美術館 カーニュ・シュル・メール fr

リューマチに苦しめられていたルノワールは温暖な気候を求めて1903年にカーニュにやって来ました。当初は現在は市役所となっている建物に滞在し、1908年、町のはずれの丘レ・コレットに、後にルノワール美術館となるヴィラを建てました。そして病に苦しめられながらも精力的に作品を産み出していったのです。アトリエにはキャンバス、絵筆、車椅子が当時のまま残され、その他夫婦の寝室、子供たちの部屋など、まるでルノワールがいつ戻ってきてもいいかのように保存されています。画家の作品は10点前後収められています。

住所:
Chemin des Collettes

開館時間:
10:00~12:00/14:00~18:00(10月~4月は17:00まで)

休館時間:
火曜、11月、1月1日、5月1日、12月25日