月の港 ボルドー

  • © ATOUT FRANCE/Franck Charel

  • © Atout France/Michel Angot

  • © Atout France/Franck Charel

  • © Atout France/Jean François Tripelon−Jarry

月の港 ボルドー Bordeaux fr

ボルドーの魅力を作り出しているのが、18世紀に建てられた数々の建築物。それらの美しい建築物のおかげで、ボルドーはすでに200年前に「プチ・パリ」と呼ばれていました。ボルドーの歴史地区は、ガロンヌ川の湾曲に沿って栄えたことから、月の港と呼ばれている。

ガロンヌ川沿いに開けたアキテーヌ地方の代表的な都市であるボルドーは、世界的に名高いボルドーワインの産地の中心地として知られています。古くからワインの生産と交易で栄え、一時期イギリスに統治されはしたものの、18世紀には一大商都として栄華をきわめました。フランス革命の際にボルドー選出の代議士たちはジロンド党を結成し、歴史にその足跡を刻みました。
ワインのもたらした莫大な富が築いた街には重厚な建造物が点在し、サン・タンドレ大聖堂など見どころも多く見られます。

この数年でボルドーは目覚ましい変化を遂げました。都市開発に、ホテル施設や会議場、展示場の量的および質的発展など、改革はあらゆる分野に及びました。近代化が進みさらに躍動するアキテーヌ地方の首都ボルドーは、その魅力を高めています。ガロンヌ河岸の開発と整備(サン・ジャンSaint-Jeanからウェットドッグまでの区間)、港湾倉庫の改修、歴史遺産のリニューアル、18世紀建築の正面壁の修復、トラムの敷設など、都市空間のすべてが生まれ変わりました。

国際色豊かで世界に向かって開けているというのも、ボルドーの新たしい一面です。ボルドーは国際会議や見本市の開催が徐々に増えてきていますが、それが顕著になったのはとくに2003年末にボルドー・ラック国際会議場Palais des congres de Bordeaux Lacがオープンしてからです。

 

主な見どころ

大劇場 GRAND THEATRE
18世紀後半、建築家のヴィクトル・ルイが設計。エントランスホールの大階段はパリのオペラ座のモデルともなった。音響効果 の高い劇場として知られ、じっくり音楽を鑑賞することができる。
見学時間は公演日により異なるので、その都度観光局に問い合わせを

カンコンス広場 ESPLANADE DES QUINCONCES
面積12万平方メートルもあるヨーロッパ最大の広場。ボルドーの地に誕生し、フランス革命の際に重要な役割を果 たしたジロンド党の記念碑がある。そのほかボルドー出身の哲学者モンテーニュやモンテスキューらの彫像も見ることができる。

大鐘楼 GROSSE CLOCHE
中央に鐘が下がっている城門で、北面と南面にはそれぞれ異なる時代につくられた大時計が付いている。北側の時計は15世紀、南は18世紀に制作されており、見比べて見るのも興味深い。

アキテーヌ門 PORTE D'AQUITAINE
1755年の建造の歴史ある門。歩行者のための遊歩道となっているサント・カトリーヌ通 りの南端にあり、ヴィクトール広場に面して建つ。ここから放射状に道がのびており、国鉄サン・ジャン駅へは800メートルほどの道のりである。

シャルトロン地区 QUARTIER DES CHARTRONS
ガロンヌ川に面した商業街。ワインの取引・販売や出荷をになうワイン商の邸宅や酒倉が立ち並んでいた。18世紀にはボルドーきっての高級住宅街となり、ノートルダム通 りやマルチニック大通りには当時の屋敷が残る。

サン・タンドレ大聖堂 CATHEDRALE ST-ANDRE
75メートルの尖塔がそびえるゴシック様式の教会で、ボルドーの守護神として知られる。13世紀につく 

 

美術館・博物館

美術館 MUSEE DES BEAUX-ARTS
18世紀の建物を改装。ルーベンスやドラクロワ、マティスなどヨーロッパを代表する巨匠の名画がそろっている。古いものでは15世紀から最近の現代芸術にいたる絵画や彫刻を展示。 住所 Jardin de la Mairie 20, cours d'Albret  電話 05 56 10 20 56
時間 11:00~18:00
休み 火曜、祝日 

■ヴィノラマ・ワイン博物館 VINORAMA DE BORDEAUX
ワインの製法の歴史を時代を追って展示。見学の最後には、ワインの作り方について書かれたローマ時代の資料に基づき再現したワイン、1850年ごろの製造方法に基づいて作られたワイン、現代のワイン、と3種類のワインの試飲も楽しめる。ワイン通 には見逃せない博物館だ。 住所 12, cours du Medoc
電話 05 56 39 39 20
時間  7月~8月 10:30~12:30 14:30~18:30(火~土) 14:00~18:30(日)
9月~6月 14:00~18:30(火~金) 10:30~12:30 14:30~17:30(土)
休み 9月~6月の日曜  15名以上のグループは予約の上通年オープン  


■装飾美術館 MUSEE DES ARTS DECORATIFS
ガラス器、陶器、家具、宝飾品などが展示されている。
住所 39, rue Bouffard
電話 05 56 10 14 00
時間 14:00~18:00 (特別展は11:00~18:00、土曜・日曜は14:00~18:00)
休み 火曜、祭日 

■現代美術館 MUSEE D'ART CONTEMPORAIN
シャルトロン地区にある19世紀の羊毛倉庫を改造した建物。通称「ラントルポ」の名で呼ばれる。1970年代の現代アートの展示が中心。
住所 Entrepot 7, rue Ferrere
電話 05 56 00 81 50
時間 11:00~18:00 (水曜は~20:00)
休み 月曜、祭日 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ