月の港 ボルドーの見どころ

  • © ATOUT FRANCE/Franck Charel

  • © Atout France/Michel Angot

  • © Atout France/Franck Charel

  • © Atout France/Jean François Tripelon−Jarry

月の港 ボルドーの見どころ Bordeaux fr

南西フランス、ガロンヌ川沿いに開けたアキテーヌ地方首都、ボルドーは古くからワインの生産と交易で栄えた、世界に知られる観光都市です。ワインのもたらした莫大な富が築いた街には美しい建築物が立ち並び、世界遺産都市に指定されています。歴史の街ボルドーは目覚ましい変化を遂げ、今日の都市的魅力に溢れるボルドーは観光都市として注目を集めています。

見どころ

  • ワインの総合文化施設「シテ・デュ・ヴァン
  • カンコンス広場面積12万平方メートルを誇るヨーロッパ最大の広場。ボルドーの地に誕生し、フランス革命の際に重要な役割を果たしたジロンド党の記念碑がある。そのほかボルドー出身の哲学者モンテーニュやモンテスキューらの彫像も見ることができる。
  • 大劇場、ロアン宮殿、ブルス宮殿:18世紀後半、建築家のヴィクトル・ルイが設計した大劇場。エントランスホールの大階段はパリのオペラ座のモデルともなった。音響効果 の高い劇場として知られ、じっくり音楽を鑑賞することができる。
  • サン・タンドレ大聖堂75メートルの尖塔がそびえるゴシック様式の教会で、ボルドーの守護神として知られる。世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」にあたる。
  • 「ボルドーの三角地帯」:豪華なホテル、オペラ座、高級ブランドが並ぶ
  • アキテーヌ門からのびるサント・カトリーヌ通りと、そこに建ち並ぶ有名ブランドのショップやテラス付きのカフェ
  • シャルトロン地区ガロンヌ川に面した商業街。ワインの取引・販売や出荷をになうワイン商の邸宅や酒倉が立ち並んでいた。18世紀にはボルドーきっての高級住宅街となり、ノートルダム通 りやマルチニック大通りには当時の屋敷が残る。現在はアーティストが好む流行発信地。
  • サン・ミッシェル地区の古道具屋、ノミの市
  • 美術館:18世紀の建物を改装。ルーベンスやドラクロワ、マティスなどヨーロッパを代表する巨匠の名画がそろっている。古いものでは15世紀から最近の現代芸術にいたる絵画や彫刻を展示。 住所 Jardin de la Mairie 20, cours d'Albret 
  • 現代美術館 シャルトロン地区にある19世紀の羊毛倉庫を改造した建物。通称「ラントルポ」の名で呼ばれる。1970年代の現代アートの展示が中心。住所 Entrepot 7, rue Ferrere

 

祭り&イベント

  • 骨董見本市Salon des Antiquaires(1月):骨董品を集めたものとしては最大規模をもつ年次見本市
  • 国際馬術選手権Coupe du Monde des Cavaliers(2月):障害飛越競技の国際大会
  • ボールドーカーニバルCarnaval des deux rives(3月):フェリア(祭り)をテーマに開催
  • 写真フェスティバルItinéraire des photographes voyageurs&本の見本市Escale du livre(4月)
  • 建築ビエンナーレBiennale d’architecture(4月)
  • 国際ボルドーオープンゴルフトーナメントOpen international de Golf de Bordeaux(5月):一流プレーヤーが参加
  • ボルドー室内音楽フェスティバルLe Quatuor à Bordeaux(5月):欧州各地から演奏家が参加
  • ボルドーワイン祭りBordeaux Fête le Vin(6月):隔年開催。ボルドーワイン愛好家が集う一大イベント

 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ