フランス文化財 ~フランス南西部~

  • MONUMENTS NATIONAUX SUD-OUEST / Abbaye de La Sauve-Majeure

    MONUMENTS NATIONAUX SUD-OUEST / Abbaye de La Sauve-Majeure

    © CMN A. Lonchampt

  • MONUMENTS NATIONAUX SUD-OUEST / Puyguilhem

    MONUMENTS NATIONAUX SUD-OUEST / Puyguilhem

    © CMN JL. Paillé

フランス文化財 ~フランス南西部~

フランス文化省管轄のフランス文化財センター(Centre des monuments nationaux)では、城館、修道院、先史時代の遺跡、装飾洞窟など国が所有する100以上の歴史的建造物を管理しています。

フランス文化財センターではまた、ラ・ソーヴ=マジュール大修道院、ボルドーのぺイ・ベルラン塔など、ユネスコ世界遺産に登録され、国際的に知られた歴史遺産の管理にも携わっています。企画展や夜間公開など、さまざまなイベントを催すことで、こういった貴重な歴史遺産の更なる価値を一般に紹介・公開しています。

 

アキテーヌ地方 AQUITAINE

1、ラ・ソーヴ=マジュール大修道院 ABBAYE DE LA SAUVE-MAJEURE
フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のひとつで12世紀ロマネスク建築の秀逸な作品。見どころは聖書の登場人物とキマイラが並んで描かれている珍しい柱頭です。

2、カディヤック城 CHATEAU DE CADILLAC
ふたつの歴史とふたつの時代・・。フランス海軍提督エペルノン公ジャン・ルイ・ヴァレットが建てた城は、革命後には牢獄、女性刑務所となるなど二つの歴史を歩みました。

3、ピュイギレム城 CHATEAU DE PUYGUILHEM
ペリゴール地方中心部にある、保存状態のよいルネッサンス様式の城館。上品なファサードだけでなく、貴重な家具調度品や17世紀、18世紀のタピスリーコレクションを豊富に有することでも知られます。

4、ペール・ノン・ペール洞窟 GROTTE DE PAIR-NON-PAIR
先史壁画の中でも、紀元前3万年という最古の装飾壁画が残ることで知られる洞窟。先史時代の文化を今日に伝えています。

5、レゼジー・ド・タヤック村 LES EYZIES-DE-TAYAC
クロマニョン人の骨が発見された地として知られ、先史遺跡研究のメッカとなっている村。国立先史博物館を訪れ、人類の先祖ホモ・サピエンスに出会い、クロマニョン人の住居跡、石器、貝や骨の装飾品など先史文化をご覧下さい。

6、モンカレーの考古学遺跡 SITE ARCHEOLOGIQUE DE MONTCARET
紀元1世紀から4世紀までのガリア=ローマ期遺跡が発掘された場所として知られるモンカレー。モザイクタイルによる共同浴場跡が見どころです。

7、ボルドーのぺイ・ベルラン塔 TOUR PEY-BERLAND A BORDEAUX
ボルドーの見どころであるゴシック・フランボワイヤン様式のサンタンドレ大聖堂。その鐘楼として、15世紀に聖堂東隣に建てられたペイ・ベルラン塔の上からはボルドー市街地の美しいパノラマが一望できます。

8、カプ・ブラン岩陰遺跡 ABRI DE CAP-BLANC
岩のくぼみの奥に描かれた馬など、実に彫りの深い刻画に圧倒される遺跡。後期旧石器時代の岩彫刻としては最大規模のもののひとつです。

ミディ・ピレネー地方 MIDI-PYRÉNÉES

9、カステルノー・ブルトゥヌ城 CHATEAU DE CASTELNAU-BRETENOUX
居城と同時に防衛上の要塞機能も備えていた威厳ある城館。内部には美しい家具調度品やタペストリー、神聖な宗教オブジェが残っています。

10、モンタル城 CHATEAU DE MONTAL
上品に装飾されたファサード、階段、非常に繊細な装飾のこらされた暖炉が印象的なサロン、ツゲの美しいフランス式庭園・・などロット県に残る城館の中でも最も趣がある美しいルネッサンス様式の城館です。

11、モンモランの考古学遺跡 SITE ARCHEOLOGIQUE DE
MONTMAURIN

遠くにピレネー山脈の見える、開けた平地モンモランには、紀元1世紀頃から4世紀頃まで存続していたガリア・ローマ期のヴィラがあり、前柱廊、神殿、泉水施設、半円形の大きな前庭、豪華な造りの居室、浴場、食堂、倉庫などからなる複合的な構造をしています。

ポワトゥ・シャラント地方 POITOU-CHARENTES

12、 オワロン城 CHATEAU D’OIRON
好奇心と驚嘆をテーマに、世界中の珍しい事物を収集し、現代アートが城をうめつくすオワロン城は、フランスで唯一の奇想天外な発想を実現した城。

13、ラ・ロシェルにある塔 TOURS DE LA ROCHELLE
ラ・ロシェルの旧港の入り口には、砦状のふたつの塔(シェーヌ塔とサン・ニコラ塔)が海を見下ろすように立っており、町のかつての軍事力を今に伝えています。

入場料金(施設により異なる):

一般3~8.5ユーロ、グループ2.8~ 6,5ユーロ、学童グループ料金20~30ユーロ、18歳以下または26歳以下の学生は無料

 

【Contacts/Informations】

Elodie GRILLI
Chargée de développement
Tél. +33 (0)1 44 61 21 96
E-mail :elodie.grilli@monuments-nationaux.fr

Hôtel de Sully
62, rue Saint-Antoine75186 Paris Cedex 4