ポン・デュ・ガール Pont du Gard

  • © S.Barbier

  • © J-L. Mabit

  • © ATOUT FRANCE Pascal Gréboval

ポン・デュ・ガール Pont du Gard 30210 Bégude fr

ローマ期に造られた最大の水道橋

1985年にユネスコ世界遺産に登録され、フランスの偉大な景勝地(Grand Site de France®)にも指定されているポン・デュ・ガールは、紀元50年頃、ユゼスの水源からニームへ約50㎞の導水路として建設されたもので、600年以上に渡って飲料水が運ばれていました。275メートルの長さに渡って48メートルの勾配が付けられ、水路に水が流れるようになっている構造はローマ人の建築技術のレベルの高さを物語るものです。ガルドン川に幅25メートルにわたって掛かるポン・デュ・ガールは最下層、中層、最上層から成り立ち、時代を経ても壊れずに持ちこたえてきた唯一の3層橋として知られます。

ポン・デュ・ガールではローマ文化を理解する展示スペースも見学可能です。

 

アクセス: 電車:Nîmes (所要時間約25分) Avignon (所要時間約20分) Montpellier (所要時間約45分)

詳細情報

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ