クロ・リュセ城、レオナルド・ダ・ヴィンチ・パーク

  • © L. de Serres

  • © L. de Serres

クロ・リュセ城、レオナルド・ダ・ヴィンチ・パーク rue du Clos Lucé 37400 Amboise fr

ダ・ヴィンチ晩年を過ごした地

レオナルド・ダ・ヴィンチは1516年、国王フランソワ1世の招聘でイタリアからクロ・リュセ城へとやってきます。

すでに60歳を過ぎていた高齢のレオナルドが携えた作品の中には、特に傑作といわれる3作品(「モナ・リザ」、「聖アンナと聖母子」、「洗礼者聖ヨハネ」)がありました。

ルネッサンスを奨励したフランソワ1世は、ダ・ヴィンチを「最高の画家であり建築家であり土木エンジニアである」 と持て囃し、レオナルドは1519年にこの世を去るまで、その生涯の最後の3年間をこの地で過ごしました。

王の命に従って数々の都市設計や都市整備に打ち込み、自然についても追究し、その成果を絵画の中に反映させました。同時代の文化人と密な交流は、彼の作風や思想に大きく影響を与えました。

庭園は、レオナルド・ダ・ヴィンチの活動を総括的に紹介する世界初のテーマパークで、ダ・ヴィンチの発明品や創作品、絵画やデッサンが自然の中に溶け込むように展示されており、ダ・ヴィンチの思考を、誰にでも分かりやすく紹介しています。

アクセス:
車:A10 / A85 Amboise出口
電車:TGV Paris - St Piette des Corps (所要時間約1時間)

Château du Clos Lucé
Parc Leonardo da Vinci2, rue du Clos Lucé - 37400 Amboise

詳細情報

見どころ

見どころ