レ・マシーン・ド・リル

  • © Nautilus Nantes

  • © La Machine

レ・マシーン・ド・リル nantes fr

ナントの驚きのアトラクション

ナントにある20世紀初頭に建てられた旧造船所は、今日、機械仕掛けのアトラクションが展示される夢の工房となっています。

素敵な機械仕掛けの動物をプロデュースするのは、フランソワ・ドゥラロジエールとピエール・オレフィーチェが、技術者や彫刻家、建築家、クリエーターと共に立ち上げた団体ラ・マシン。旧造船所の内部は展示ギャラリー(Galerie des Machines)と工房(L’Atelier des Machines)の2スペースに分かれており、巨木のプロジェクト、サバンナ、海底動物など、ラ・マシンのスタッフの尽きない想像力によって産み出された様々な機械仕掛けのアトラクションが展示されています。ナント出身の作家ジュール・ヴェルヌや、天才技術師ダ・ヴィンチの世界を表現した動物たちは、まさにアトリエから今にも逃げ出そうとしているかのよう、大人も子供も夢のようなひと時を楽しむことができます。

工房でマシーンが誕生する様子は廊下から眺めることができ、既にお馴染みとなった巨大な機械仕掛けの象マシーン・ド・リルには実際に乗って市内を観光することが可能です。また海に生息する動物や怪物をモチーフにした機械仕掛けアトラクションも興味深いものです。2014年完成予定の居木プロジェクト「サギの木 L'Arbre aux Hérons」(完成時には横幅50m、高さ28mからなる鉄製の巨大な木で、内部に遊歩道と庭が設け、300人が散歩できる構想)の一部分である枝のプロトタイプがギャラリーで展示されている様子も是非ご覧ください。

2012年2月に、ギャラリー内には植物とサギの木をメインに展示した新空間がオープンしました。そのため、現在公開されている機械仕掛けの海底動物の一部は、今後カルーゼルに移動される予定です。高さ27メートル、直径22メートルからなる海底動物カルーゼルは、2012年7月中旬に美しいロワール河畔に移設されます。

アクセス:
電車:TGV Paris> Nantes (2h)    TGV Roissy> Nantes (2h50)

重さ50トン、高さ12メートルの象「マシーン・ド・リル」に乗ることができます。

Les Chantiers
Bd Léon Blum - 44200 Nantes
Tél. +33 (0)2 51 17 48 60
E-mail : benjamin.bellet@lvan.fr

グループ予約:
E-mail : groupes@nantes-tourisme.com