シャンティ城

シャンティ城 60500 Chantilly fr

「ヴェルサイユ城には7度も連れて行ってくれたが、なぜここには1度も連れて来てくれなかったのだ?」リチャード・ニクソン(アメリカ合衆国第37代大統領)シャンティ城公式訪問の際の言葉 

 

7,800ヘクタールの広大な森に囲まれて建つ華麗なルネッサンス様式のシャンティイ城は、シャルル・ドゴール空港から車で約20分、パリから北へ約40kmのところにあり、年間約45万人の観光客が訪れます。

お城の見どころとしては、19世紀の最後の城主であったオーマール公による絵画のコレクションで、現在はコンデ美術館としてラファエロの作品3点を所蔵、ルーブル美術館についでフランス第2の規模となる古典絵画コレクションを誇り、お城とコンデ美術館は、日本語のオーディオ・ガイドによる見学が可能です。

 

お城の周りには、17世紀~19世紀に段階的に造られた異なるタイプの庭園が広がり、ヴェルサイユ宮殿の庭を手掛けたル・ノートルによるフランス式庭園、ヴィクトール・デュボワが手掛けたイギリス式庭園、また農村の集落をまねたHameau(ハモー)と呼ばれる場所もあり、庭園の散策も心ゆくまで楽しむことができます。

 

  • 主要な場所からの近さ:

パリから40㎞、パリ・シャルル・ド・ゴール空港から20分、ヴィルパントおよびル・ブルジェの見本市会場からの近さ。

  • ルーヴル美術館に次ぐ豊富な古典絵画コレクション(ラファエロ、プッサン、アングル、ワトー、ドラクロワなど)
  • 城館内の図書室には11世紀からの古書1万3000冊を所蔵(ヨーロッパでも最大規模の古書コレクションとして有名)。
  • バラエティに富んだ美しい庭園の数々 : 造園師アンドレ・ル=ノートル設計のフランス式庭園、英国中国風庭園、イギリス式庭園、庭園のはずれにある村里(後にヴェルサイユのマリー・アントワネットの村里のモデルとなった)
  • 高級フレンチレストラン: シャンティークリームの発祥地として知られるこの地ならでは、伝説の宮廷料理人ヴァーテルが発明したホイップクリームを再現したものが味わえます。

 

アクセス

車: A1 Chantilly出口

電車: 
TER Paris Gare du Nord → Chantilly (所要時間約25分)

RER・D線 Paris → Chantilly (所要時間約45分)